クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

アラスカ

アラスカシーズンの幕開け5

59d9a4ce.jpg夏がやってきます。シアトルやバンクーバーから出港するアラスカクルーズもスタート、これからベストシーズンとなってゆきます。
昨年は、なぜかHALはフラッグシップ「ロッテルダム」をアラスカへ配船。それまでは最短でも2週間以上のコースであったため、この機会とばかりに乗船、そしたら今年は仕事でまったく同じコースをひとまわり大きい「ウェステルダム」で行くことに。今週の土曜日の飛行機でシアトルへ向かい同日で乗船、今日は出港の4日前ということで、ジュノーの氷河に着地するヘリコプターや水上飛行機で氷河上空の遊覧飛行など、お客様のオプショナルツアー予約など、準備も最終段階に入っています。
ふだん、車や工事現場など喧騒の中、歩道を歩き、信号を渡る、そんな日常生活を送っている自分という人間。車をレストランの提携している駐車場に入れたにもかかわらず、お店で駐車券をもらい忘れて「あぁ、500円損したぁ。」なんてちっちゃい人間のオレでさえ、アラスカに行けばちょっと人生観が変わります。
アラスカの壮大な氷河を目の前にして、ダイナミックに海へ崩れ落ちる氷河を見て、船が進むごとに船首がかきわける氷河の破片音、サラサラと音が聞こえる静寂の中の航行、そんな場所に身を置くと、なんというか「こんな所まで来てしまった。」といった不思議な感覚になります。
その昔ゴールドラッシュに沸いた街、アメリカ人の顔立ちとも違うアラスカの人、冬場はやることがなくつい酒場で飲んだくれてしまう人が多いとニュースで聞いたこともあります。温暖化や森林伐採など時々ニュースで見るけれど、アラスカには広大な森林や氷河が厳然と存在しています。北米本土とはつながっていないアメリカ、何とも不思議な州です。
一度この地を訪れてみて下さい。ヨーロッパのような超有名な観光名所やブランドショッピングはありませんが、もっと凄いものに出会えます。
アラスカの夏、アラスカクルーズの夏、これからがベストシーズン。

Photo
HAL Westerdam at FLL

アラスカ、密かなブーム?5

0580957e.jpg海外クルーズは、圧倒的にヨーロッパの人気が高いのですが、昨年、今年とアラスカクルーズの人気が高まりつつあります。
アラスカクルーズにもたくさんの船社が参入していますが、当社では今ホーランドアメリカラインとセレブリティクルーズを掲載しています。
とりわけホーランドアメリカラインの人気が高く、しかもお客様からのご指定なのです。つまりお客様が船を選ぶとき、「私はホーランドアメリカラインでアラスカへ行く。」というきちっとした理由付けが出来ているのだと思います。
アラスカクルーズを選ぶときの理由付け、ざっとあげてみます。
●キャビンは?
バルコニー必須、バスタブ付き、丸窓・角窓、エレベーター付近、
●食事?
多彩なバリエーション、バリエーションよりも味重視、日本食、
●氷河
グレーシャーベイ、ハバード、カレッジフィヨルド
●クルー
20カ国混合もOK、なるべく単一がいい?(インドネシアンなど)
●日本語スタッフ有無
●雰囲気
カジュアル?、プレミアム?、ラグジュアリー?
●価格
AIR込みで20万?、30万?、
●コース
バンクーバー・シアトル発着、ノース&サウスバウンド

最近は、日本でもクルーズ各社のオンラインシステムが発達してきました。
少し前なら困難なことも、今では簡単になっていることがあります。
上記のような理由付け、お客様がすべて把握済みでのリクエストは、その後要望にしたがって手配をするだけですが、そうでない場合は、当社スタッフがお尋ねしてゆきます。
アラスカクルーズは奥が深いです。そして最高の感動をもたらしてくれる船旅です。
アラスカ未経験の方、ぜひ今夏お出かけ下さい。
アラスカ経験済みの方、その先のアラスカへご案内いたします。

PHOTO
2010.MAY HALロッテルダムで訪れるハバード氷河
静寂のヤクタット湾をゆっくりと進んでゆくと、ロッテルダムは徐々に砕け散った氷河のかけらに覆われ、やがて巨大なハバード氷河が現れてきます。
今年は、8万トンクラスのウェステルダムが行きます。
6/25に添乗で乗ることになりました。
船上で会えたら、アラスカの地ビールで乾杯しましょう。
http://www.mercury-travel.com/cruise/alaska/hla01.html

雨の町、ケチカン5

64408106.jpgアラスカクルーズで寄港する港、ケチカン。1年のうち250日が雨、夏でも最高気温が18度程度と、今猛暑の横浜からするとうらやましい気候。いつもケチカンに来ると、特にオプショナルツアーに参加することもなく、街を散策します。船から歩いて楽しむことが出来ます。お土産店もたくさんあるのですが、私の場合、ローカルなコンビニや、文房具店に入ったり、ATMでお金をおろしたり、コーヒーを飲んだりして、その後必ず、1件のレストランへ向かいます。船では豪勢なランチビュッフェが用意されているにもかかわらず。そこは港の前の小さなホテルの1階、シーフードの店で、生ガキ、クラムチャウダーとグラスワイン、船では出ないメニューです。それにしてもケチカンはいつも雨、いつも曇り空。でもアラスカの寄港地の中で、もしかしたら一番気に入っているかも知れません。

神秘的、ハバード氷河

5e82fc63.jpgあえて選んだ5月のアラスカ、狙いは当たった。山々の雪の量は夏に比べ格段に多く残っており、アラスカの幻想的風景をより一層引き立ててくれた。ハバード氷河へのアプローチ、ロッテルダムはエンジンを切っているのか、無音、無振動で超スロー航行。氷河が崩れて海に散らばっている箇所に差し掛かると、その氷が船体に当たり、サラサラーと夏の風鈴のような音がする。キャプテンはあらんばかりの操船技術を駆使して、あえて、狭いけど景色のいい水路から氷河へと歩を進めてくれる。そして氷河にダメージを与えないよう、それでいて極限まで船を近づけようとする。
ハバード氷河のスケールの大きさ、雄大さは今も健在だった。よかった。本当によかった。これならまたいつか、訪れることが出来るかもしれない。
今回の寄港地、ジュノーやケチカンではロッテルダムはいつもベストポジションに接岸する。先に入港しているプリンセスやセレブリティがその場所を空けてくれているのだ。今もHALのアラスカにおける既得権益は健在である。やっぱりアラスカはHALで行った方がいい。

2009年、再びのアラスカへ

6f737dec.jpg好きなクルーズエリアは?と尋ねられたら、私は迷わず「アラスカ」と答えます。前回のアラスカから4年が経ちました。今夏「いざ、アラスカへ」の思いで、いろいろと調べ始めています。
あの"きりっ"としたアラスカの空気、私はどても好きです。
それにアラスカはクルーズ各社がグレードの高い船を配船するので船選びがとても楽しい。アムステルダム、インフィニティ、サファイア、NCLサン、カーニバルスピリット、、、そうそうたる顔ぶれ。

<船選び>
ホーランド、セレブリティ、NCL、カーニバル、プリンセス、、、、これが、いちばん迷うわけです。
<コース選び>
4年ぶりにシアトル発着のインサイドパッセージに乗るか?
7年ぶりにアンカレッジまで乗ってみるか?
訪れる氷河はグレーシャーベイ、ハバードグレーシャー?
<ランドの旅>
マーキュリーの少人数ツアーはここがポイント!
アンカレッジまで乗れば、デナリ国立公園への列車の旅、ロッジに
宿泊。
シアトル発着なら、カナディアンロッキーを組み合わせようか?

過去最高の大欲張りのアラスカクルーズツアー、
近日発表をご期待下さい。


(PHOTO)
セレブリティ・マーキュリー、ハバード氷河へ向け、アイシーストレート通過中。

出ました、アラスカクルーズスペシャル 430ドルから5

6f4567c0.jpg先日、このブログでアラスカのことを書きましたが、タイミングよくセレブリティクルーズ アラスカスペシャル が出ました。
セレブリティ、今絶好調の会社でして、アメリカのクルーズ人口も伸びていることから、めったにディスカウントが出なくなりました。
インサイドなら、なんと430ドル。当然ながらどの部屋でも食事は同じなのですからセレブリティの美食3食×7泊だけでもう元はとれますよ。
いやぁ、これは私も行きたいなぁ。どなたかご一緒しません???


■セレブリティ/サミット アラスカスペシャル 430ドルから■

出ました、久々!!セレブリティクルーズのアラスカスペシャル
6/1発限定、室数限定。 ぜひお早めに!!

●サミット アラスカ7泊8日(スワード〜バンクーバー) 6月1日発限定●

料金:
内側(11):430ドル
海側窓付(7):630ドル
海側ベランダ付(2C):1190ドル
コンシェルジュクラス(CC):1250ドル

*上記の料金は、1室2名様ご利用の1名様料金です。
*別途ポートチャージ&TAXがお1人様 338.84ドルかかります。

下記のメルマガに登録していただくとこういったお得な情報をお送りしております
http://www.mercury-travel.com/cruise/exp.html

アラスカ、ぜひ今年のうちに5

7073e9e8.jpg今年もアラスカクルーズのシーズンがやってきます。バンクーバーやシアトルから出港して、グレイシャーベイなど、氷河を見に行きます。アラスカにまだ行ったことがなかったとき、夏でもとても寒いところと思っていましたが、初めて行った8月、空は青空、強い日差しが差し込み、半そででも大丈夫な気候でした。そのとき訪れグレイシャーベイは、その氷河へのアプローチも景色が素晴らしく、山肌に動物が見えたりその景色は忘れることが出来ません。そして氷河に近づくと船は少しとどまり、我々に氷河を最も近い距離で見せるべく、船を転回してくれます。しかし氷河にふりそそぐ強い日差しがとてもとても気になりました。わずか10分の間にも氷河の柱が、バシャッと倒れて、その氷の破片が海に散らばる様を目の当たりにしました。まさに身を削ってのエンターティメント、お客様はそれは大喜びですが、私はとても複雑な気持ちになりました。このクルーズからもどって、家で数年前のアラスカのパンフレットと同じ場所を見比べてみました。氷の量が全然違っていました。湾の地形が変わっているほどに氷河は後退していました。地球の温暖化は確実にアラスカの氷河を蝕んでいます。私見ですが、アラスカクルーズは近い将来できなくなるだろうと思っています。でもあの感動は、私が経験した他のどのエリアのクルーズにも勝るものでした。だから、「アラスカクルーズ、ぜひ今年のうちに」なのです。自分の人生でアラスカクルーズに行った思い出は、その人の一生の宝物となることでしょう。
弊社ウェブサイトのアラスカクルーズ、私なりに吟味して厳選しております。おすすめは、Celebrity,Holland America であります。
Profile
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ