クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

ホーランドアメリカライン

 4月の終わりから、シードリーム→ポナン→シードリームと渡り歩く、幸せな1か月強でした。 たくさんのお客様とご一緒させていただきました。  シードリーム・ヨットクラブ、あらためてたいした会社だと思いました。 乗ったお客さんをことごとく熱狂的に虜にしてしまう
『6月と7月のイベント』の画像

最近、お客様やいろんな方とお話をする中で、 「えぇ、その手配はいどいなぁ。」と感じることがいくつかありました。 特に大型船の日本発着は、とかくキャビン番号の指定、ダイニングの指定などができないので、 ひどいことになっているようです。 たとえば飛行機の手配と船
『プロの端くれとして』の画像

いつも当ブログを訪れていただきありがとうございます。 私、悲しいことに9月までまったく船に乗る予定がないのです。 まぁ、今までが幸せすぎました。。。。。 振り返りますと、ロストラル~シードリーム1に連続乗船、 ル・ボレアルでカンヌ映画祭&モナコGP、 サガルビー
『HAL140周年、MOL130周年』の画像

最近、マーキュリートラベルの仕事はサガ、ポナン、シードリーム、アマデアなど船社代理店の会社と 言われることが多いのですが、元々はクルーズの本場アメリカのエージェントをビジネスモデルとした クルーズ専門の旅行会社。それは今でも大切な仕事であります。 先日、ホ
『HALへの思い、私は本気だ。』の画像

5
ホーランドアメリカラインと神戸、そのつながりはとても深いです。 幼少の頃、外国船との出会いはいつも神戸ポートターミナル。”4突”。 三宮から親父とタクシーに乗って税関の前を通ってターミナルへの上り坂にさしかかると、船の白いマストが見えてくる。その高揚感は今
『ザーンダム・HAL・神戸』の画像

横浜はここ数日、雨模様のどんよりした空が続いています。 10月4日は、リージェント&ポナンロードショー、客船誘致関係者の勉強会、上田寿美子さんの出版お祝いの会 あわせて170名の方がご参加いただきました。ありがとうございました。 8月の下旬からは、サガサフ
『良い船は時代を超える』の画像

5
スミマセン、暑さでブログのネタが切れてきました。 ウェステルダムのタオルアートとうちの犬似てません?
『タオルアート』の画像

5
アラスカにご一緒したお客様から熱いクルーズレポートをいただきました。 結婚されて40年、一日も病欠することなく仕事を手伝ってくれた奥さんを連れて行ってあげたい、でも今まで9日間も家を空けたことがない。仕事や社員のこと、犬のこと、家族、健康、お金のことなど
『クルーズレポート拝受しました』の画像

5
ちょっと盛り付けが美しくなくて申し訳ありませんが、ビュッフェの一角がとある日ジャパニーズメニューとなり、そのメニューに「RAMEN」とあったので、「うっれしいなぁ」と注文したのが写真の手前の麺。これは焼きそばですよね? これが、問題視されている間違った日
『超カンチガイの日本食』の画像

5
先週は、気温15度前後のアラスカでした。今週はやっと週末を迎えましたが夏の入り口ですでにバテ気味であります。 今年のハバード氷河、すでに海に散らばっている氷の数がかなり多く、またかなり大きな固まりの氷も浮いている状態のため、昨年のようにあまり氷河に近づく
『HALウェステルダム アラスカクルーズ』の画像

↑このページのトップヘ