クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

ホーランドアメリカライン

5
・何になさいますか? ・ウィスキーに氷と水をあわせて。 ・かしこまりました。 椅子に腰掛け、ナイトライフが始まります。 ジャズが流れるオーシャンバー、アトリウムに面した船体中央部にあります。今回の70日にもおよぶロングクルーズには、ダンスのお相手をしてくれる
『洗練の極み、HALアムステルダム 』の画像

5
アムステルダムには、ピナクルグリルというスペシャリティレストランがあります。こじんまりとしていて、ブルガリの更にリーデルのワイングラスが並ぶハイエンドなレストラン、しかも厨房はメインダイニングとは別に独立しているという贅沢な空間。まず席に着くと、写真のよ
『洗練の極み、HALアムステルダム 』の画像

5
10月6日、HALアムステルダムが横浜へ入港、シアトルから太平洋を1週してサンディエゴまでの70日間のロングクルーズの途中。船客は全員ホーランドアメリカラインのリピーター。シングルのお客様も多く、ダンスのホステスも乗船、アラスカやカリブ海とは全く違って、ぐ
『洗練の極み、HALアムステルダム』の画像

来週水曜日にHALのフラッグシップ、アムステルダムが横浜へ入港します。そしてホーランドアメリカラインからセールスディレクターとの個別ミーティングがセッティングされました。大半はセールスに関する数の話であろうと思われますが、この機会に絶対に言ってやろう、と思
『数だけじゃない大切なこと』の画像

5
早いもので5日目を迎えました。昨日はハバードグレーシャーを訪れ、その氷河のスケールの大きさ、手付かずの自然の美しさに言葉に出来ないほどの感動を覚え、我々一行はとても幸せな時間を過ごしています。 8年前、セレブリティ・サミットで初めてハバードグレーシャーに
『HALロッテルダム アラスカへ』の画像

5
7月4日、ベニスで処女航海を迎える船があります。 ニューアムステルダム。ホーランドアメリカラインの最大船型、ユーロダムに次ぐ姉妹船です。ニューアムステルダムという船はかつても存在しました。その意味は最近知りました。ホーランドアメリカラインは、かつてはオラ
『HAL新造船 ニューアムステルダムの由来』の画像

5
海事プレス社から、約300隻もの船の詳細を集めた「クルーズシップコレクション」が発刊となり、今日熟読していました。一隻、再認識させられる船がありました。 プリンセンダム。 オリジンはロイヤルバイキングサン。その後シーボーンサンという時期を経ています。船に
『元祖 ファイブスター』の画像

久しぶりの神戸、快晴の中フォーレンダムはポートターミナルに停泊していました。「船の左舷をポートサイドと呼ぶのは港に接岸するのが左だから」と昔聴いたことがあります。ポートターミナルでは、昔からほとんどは左舷接岸だったのですが、最近ホーランドアメリカラインは
『2009.10.10 神戸 フォーレンダム』の画像

この時期、アラスカクルーズを終えて、太平洋を横断し日本やアジアへ何隻かの船が毎年やってくる。こういったロングクルーズの船客はリタイアした世代が多く、のんびりゆったりとした船旅を楽しまれている。 しかし、残念なことに台風18号の影響が出始めている。 明後日、
『台風の余波』の画像

エーゲ海クルーズの連載中に、何隻かの船が日本に寄港しました。少し前ですが、5/4にホーランドアメリカラインのフォーレンダムが東京に入港。私にとっては2月に乗船した同社の新造船「ユーロダム」86000トンとの比較という視点での面白い視察となりました。まず全体的
『ホーランドアメリカ・フォーレンダム 東京来航』の画像

↑このページのトップヘ