クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

飛鳥

飛鳥兇箸いμ召硫浩旅行

 週末、飛鳥兇傍廚靴屬蠅望菫イ靴泙靴拭
郵船トラベル20周年記念チャータークルーズ「冬を楽しむおもてなしクルーズ。
ワタクシ、かなり飛鳥狭イになりました!!
多々、にっぽん丸と比べてしまいました。
 食・・・・
といえばにっぽん丸と定評がありますが、乗船前某雑誌の編集者の方から「飛鳥兇郎廼畤のグレードアップに取り組んでいます。」と情報を得ておりました。
事実、ディナーはかなりの水準ではなかったかと思います。
また2番目のディナー、スープ3種、メインディッシュ5種、デザート3種からのチョイス、
今さらですが、「日本船もここまで来たか!!」との思い。
 ハード・・・・
にっぽん丸に比べると当然スペーシャス。ただ、にっぽん丸の方が大浴場へ行くのも近くて便利だなぁと思うこともありました。
しかし、飛鳥供■桔トンは立派。アトリウムに面したブティックのあたり、「これは、日本船の雰囲気じゃないよ。クリスタルクルーズだよ。」とうなるほどの高級感。
 バー・・・・
にっぽん丸ならネプチューンバーで決まりですが、飛鳥兇離弌質びはなかなか難しい。
ビスタラウンジは夜ちょっと暗すぎるのでは。パームコートはクリスタル独特なパブリックルームですが、どうも私はあのインテリアの意図がわからない。やっぱりマリナーズクラブが落ち着いてこじんまりでよろしいかと。ただディナーの後、10時ごろですが、お客さんが全然来ない。日本のお客様は非常に夜が早いようで。
 朝食・・・・
鮭の西京焼き、鰰などが出てくる和朝食。ここまでやられちゃぁ外国船勝ち目ないですよ。
ごはん、味噌汁、納豆、わさび漬け、卵、お浸し等々。
 風呂・・・・
これも日本船の最強の売り、気持ちよかったぁ。
サウナもあって、脱衣場にはふかふかのバスタオルが積んであって。
 お夜食・・・・
これが日本船ならではのダメ押しです。
きつねうどん、ちまき、しゅうまい。
お蕎麦、春巻き。
夜食食べながら、またお喋りする訳ですよ。すごく地味な話題でもなんか楽しくなります。
 2泊クルーズ・・・・
これがいけなかった。この船は2泊乗ると完全にヤラれてしまう。とろけてしまう。
月曜の朝下船、その後仕事モードに切り替えるのはかなり大変でした。
名古屋、おもてなし、手筒花火・・・・
ちょっと感動したなぁ。何でもかんでも西洋を追いかけなくていい。
日本には日本の船旅があっていい。
そう感じました。
 キャビン・・・・
Fステートでしたが、もうこれで十分ではないでしょうか。ミニソファの高さがちょうどいい。
日本船はアメニティが凄い。シャンプー、リンス、ボディソープ、石鹸、髭剃り、歯ブラシ、ブラシ等々。
冷蔵庫のドリンクもフリーとは知らなかった。ちゃんと毎日補充してくださる。
そしてここ数年で最も深い眠りだったのではというほどよく眠れました。それはシモンズのせい?
テレビも充実、初日の夜、予定外にクリントイーストウッドのダーティハリー5(日本語吹き替え)を全部
見てしまいました。
 出港時、寒空の下ボートステーションに集合しての避難訓練、冬でも厳格に避難訓練を行うサガルビーで11月にサウザンプトンから出港した時を思い出しました。
 いったい飛鳥兇辰討匹Δいβ減澆覆里?
私の場合、大浴場があって、和朝食があって、言葉の心配などの緊張感が全然なくて、
飛鳥兇箸いμ召硫浩旅行だと思いました。
すごくいろんなことが勉強になりました。
 12名ほど、懇意のお客様とご一緒させていただき、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
そして、このクルーズはとてもよくオーガナイズされたクルーズでした。
また、すぐ、飛鳥蕎茲蠅燭い覆 
問題は、ちょっと高いんだよなぁ。
また、がんばって働いて金貯めよう。
IMG_7235
IMG_7242
IMG_7255
IMG_7263
IMG_7266
IMG_7268
IMG_7279
IMG_7287
IMG_7290
IMG_7291
IMG_7292
IMG_7299
IMG_7309
IMG_7320
IMG_7335
IMG_7339
IMG_7344
IMG_7345
IMG_7353
IMG_7356
IMG_7366
IMG_7367

今年もよろしくお願いいたします。

少し遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。
昨年の秋以降、横浜、東京、神戸、大阪、京都、和歌山、札幌、博多と精力的に各地で船についての語りをおこなってきました。たくさんの方にご来場いただき、素晴らしい出会いがたくさんありました。
退屈な時間にはしたくない、興味を持ってもらえる話をしたい、そう考えると毎回カスタマイズしたプレゼン資料を用意し、時にはホテルを出る1分前まで作りこんだりしました。
今週は、月火と札幌、水木と博多に行きました。札幌がすごい雪で、飛行機が欠航になりかなり焦りましたが、次の日なんとか福岡へ向かうことが出来ました。
それぞれの地で、船旅への関心の度合いや適した船旅が全然違うことがわかりました。
アメリカ人口3億1000万人、クルーズ人口1100万人
これは桁違いですが、
せめて、
イギリス人口6200万人、クルーズ人口170万人
ドイツ人口8100万人、クルーズ人口168万人
は追随したいものです。
そのためには、いろんな街から乗船する方が増える必要があると考え、各地に出向きました。
結果、私は日本はもっと伸びるポテンシャルがあると感じています。
しかも、初クルーズはカジュアル船などと決めつける必要はなく、一度も船に乗ったことがない方でも、陸の旅では上質な旅を重ねてこられた方もいらっしゃる訳で、そういう方はいきなりポナンやシードリームでも全然OK、すんなりと受け入れてくださることがわかりました。
プレゼン、すごく難しいです。船が詳しいだけではダメですね。船のスペックとかとうとうと語ってもすごくつまらない。私の場合、過去小さい船から大きい船までいろいろ乗ってきたことがここで生きています。いきなりポナンとかサガの話ではなく、なぜスモールシップなのか、大型船と比較してどこがメリットなのか、また大型船の良いところは何なのか、敵を知り己を知ると説得力が出てきます。ホーランドアメリカラインを語るには、好敵手セレブリティクルーズを知っておいた方がいい、といった感じで。
 堅い話はこの程度にして、
ロストラルは4月〜5月、約2か月日本に張り付きます。
お陰様で大変好評をいただいております。
今のところ45日ぐらい業務で乗船することになりそうで、「俺は船乗りか!!」とひとりツッコミ状態。
やや大げさに言えば、人世の中でもこんなに船に乗り続けることはそうはないだろうと。
まぁ、将来世界一周にでも行けるようになれば話は別ですが。
 明日から久しぶりに飛鳥兇望菫ァ∈意のお客様も12名ほどご乗船され、楽しい懇親の時間が持てるだろうと楽しみにしております。
たった2泊の船旅でも、そういう予定が入っているだけで、なんかワクワクしますね。
2泊だとどんなカバンを持っていくのか?
飛鳥兇離疋譽好魁璽匹呂匹鵑粉兇犬覆里?
この時期、プールは泳げないよなぁ。
などと、家人と楽しく話したりしています。
最近、ポナンやシードリーム・ヨットクラブなど、”ヨット系”の仕事がとても多いのですが、
今年はサガやフェニックスなど、”クラシック系”も何か仕掛けたいと思っております。
今、注目しているのはサガサファイア、11月のカナリア諸島&カサブランカ周遊、とてもいいコースなのです。
フェニックスはあのダイアナ妃がゴッドマザーということで当時とても注目を浴びた初代ロイヤルプリンセス、現在のアルタニアが来年ワールドクルーズの途中、日本に寄港します。これを何とか手がけたいのです。
自分自身が乗ってみたい、と思う船の販売を手掛けること、それが理想だと思います。
クラシック系の船にはドリームがあります。
例えばサガルビー、販売しておいて言うのもなんですが、「サガルビーに乗る人って凄いよなぁ。」と客観的に思ってしまうほど、そんなドリームがクラシック系オーシャンライナーにはあります。
ということで、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
IMG_5827

DSCN0472

IMG_4419

IMG_4949



2011年の始まり5

87a4ff19.jpg新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
みなさんは、年末年始をどう過ごされましたか?
私は、実家のある大阪に帰省し、兵庫県の古くからのお客様と食事をしたり、小中学校時代や大学時代の友人と酒を飲んだりと、満喫しておりました。
私の同級生は、皆今42~43歳なので厄年がようやく明けようとしているところ、やっぱり厄年は本当だ、と思えるほど大変な思いをした奴もいるし、全然関係ない奴もいたり。でも全員厄年を何とか乗り切って何よりです。
こういうめちゃくちゃ仲のいい友人はほとんどが関西在住なのが残念、大学時代、あきれるほどに毎日飲んでいた友人もいますから。
今年も、オリジナリティ溢れる”マーキュリー流”の船の楽しみ方をどんどん情報発信してゆきたいと考えております。
公私問わず、船に乗ったならば、楽しく読んでいただけるようなブログを心がけます。
今年は、マーキュリートラベル10周年。皆さんの支えあってここまでやってこれました。
本当にありがとうございます。
今年は、皆さんとたくさん船旅をご一緒できることを願っております。

PHOTO
飛鳥Ⅱに運ばれる門松

飛鳥供久しぶりの母港5

昨日、首都高速を東京から横浜へ走っているとき、ベイブリッジから大桟橋に停泊している飛鳥兇視界に入ってきた。
「そうか、晩夏の古都&熊野大花火クルーズから戻ってきたのか。○○さん、1年も前から予約を入れて楽しみに待っててくれたっけなぁ。楽しんでいただけたかなぁ?」とかいろいろと思い出しました。
背が高く、全長も長くシャープなデザイン。そのオーラは外国船の風格。
「やっぱり、かっこええわ。」と大阪弁の私。
以前、アラスカクルーズに行ったとき、ケチカンの港で飛鳥兇料或箸離リスタルハーモニーの時に出会ったことがある。そのときに”美しい船だなぁ”と感じたことを思い出した。
それにしても飛鳥兇呂困辰繁船状態。近くて遠い存在。
いやぁ、乗りたいなぁ、飛鳥供10クルーズぐらいキャンセル待ちを入れるか!!

飛鳥供ゞ室情報5

710d0356.jpg先週、飛鳥兇世界一周に出港してから、弊社ウェブサイトの飛鳥兇離據璽検驚異的なアクセス数に、びっくり。 なのに、ごめんなさい、部屋がなくって。。。。
でも、伊東花火・阿波クルーズ(8/9発 5泊)、海側窓付(F)が7室あいてます!
(4/9 12:38現在) ぜひお問い合わせください!!
Profile
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ