クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

自分のクルーズ計画

いつから船は動き出すのか、世界の国はいつから観光客を受け入れてくれるのか、 日本国はいつから渡航を自由にさせてくれるのか、 日々その状況はよくなりつつありますが、まだまだ難しい現実もあります。 今年、お客様とご一緒させていただく予定のクルーズは次々とキャン
『2021年東山乗船コース』の画像

昨日の嵐がうそのように、穏やかなバルセロナへ入港しました。 どんなに文明が進化して、近代的で大きな客船ができようとも、自然を凌駕することはできません。 最後の船上での食事、ブレックファーストをビュッフェでいただきました。 あぁ、またしばらくはこの場にいれな
『ボイジャーオブザシーズ 西地中海7泊8日クルーズ 8日目』の画像

5
6日目は最後の寄港地、イタリア・シチリア島のパレルモへ入港。この港も4年前のMSCリリカで訪れたのですが、いつも晴れ渡る青空。今回も今までの寄港地の中ではいちばん温暖で、少しずつ南下してきたのだと感じる。 珍しい船に出会った。ルイスクルーズのサファイアと
『ボイジャーオブザシーズ 西地中海7泊8日クルーズ 6日目』の画像

5
5日目、ボイジャーはナポリへ入港しました。 ナポリは、4年前にMSCリリカで訪れたことがあり、とても楽しみにしていました。今回のクルーズは地中海クルーズとしては最終航海でオフシーズンにさしかかる季節のため、クルーズ客船に出会うことが少なかったのですが、ナ
『ボイジャーオブザシーズ 西地中海7泊8日クルーズ 5日目』の画像

4
4日目、ボイジャーはローマ近郊のチビタベッキア港へ入港しました。 今日はツアーではなく、自分の足で歩く。その第一歩は、チビタベッキアから ローマまで1時間の列車の旅。日本でトーマスクックを見て時刻を調べ、駅で再確認し、ローマまでの切符を買い求める。 意外(
『ボイジャーオブザシーズ 西地中海7泊8日クルーズ 4日目』の画像

5
3日目の朝、ボイジャーはイタリアのリボルノへ入港しました。肌寒い天気ではあるが、バルコニーから見える水平線の方にはとても明るい日差しが注いでいました。 今日は晴れる感じがしました。 ここリボルノからはピサの斜塔、そしてフィレンツェへの観光が出来ます。 私も
『ボイジャーオブザシーズ 西地中海7泊8日クルーズ 3日目』の画像

5
前夜バルセロナを出港したボイジャーオブザシーズは、10:00AMにビルフランシュに入港。ちょうどモナコとニースの中間に位置する静かな入り江、その沖合いに ボイジャーはアンカーを下ろしました。 巨大船で訪れた最初の地は、以外にも静寂の入り江。地元の小船で順番に
『ボイジャーオブザシーズ 西地中海7泊8日クルーズ 2日目』の画像

4
11/8夜のエールフランスで成田を出発し、11/9の朝バルセロナに 到着しました。 バルセロナは、寒く気温も10度。 専用の手配していたバスで早速港へ向かうと、ボイジャーオブザシーズが 停泊していました。 11時ごろにターミナルに着いたのですが、まだ船客も少
『ボイジャーオブザシーズ 西地中海7泊8日クルーズ 1日目』の画像

通信事情が極めて悪く、ようやく本日洋上よりお送りできるようになりました。 すでに7日目、昨日シチリアのパレルモを出港し、やや白波の立つ地中海をバルセロナに向け航行中です。 とにかく毎日寄港地でのツアーなどがあり、かなり疲れるクルーズであります。 とこかに入
『忙しすぎる地中海クルーズ』の画像

昨晩は深夜まで荷物の準備、今日は仕事の合間にユーロとドルを準備。 クルーズで寄港するフィレンツェは、最低気温1度だと言うし、 昨日JALバルセロナの方と話したら、「こちらは気温18度」というし、 何をスーツケースにつめればいいのか、、、、 毎日、お客様のクルー

↑このページのトップヘ