クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

カンパニー・デュ・ポナン

5
クルーズを販売する時、クルーズじゃないアプローチで販売することがあります。 たとえば、F1モナコグランプリクルーズ。 グランプリウィークは、モナコのホテルは最短1週間単位の販売でかなり高額。 それならば、ニースから出港してモナコに船を浮かべて、土日はレース観
『ル・ポナン モナコグランプリへ』の画像

5
この夏は、連日横浜でこのブログのタイトルのとおり、正に奮闘、そして色んな出来事が起きています、というか、私自身が出来事を起こしていることもあります。 その一つが「スモールシップアライアンス」という団体の創設。 http://www.smallship.jp/ 当社が販売を手がける
『スモールシップの世界』の画像

5
5月13日、ニースからポナン待望の新造船「ル・ボレアル」に乗船、カンヌ映画祭とF1モナコグランプリを巡るプレミアムクルーズに乗船の機会を得ました。ニース港に程近いリーズナブルなホテルに投宿、朝の散歩がてら、ル・ボレアルを乗船前に見に行ったのですが、あまり
『ル・ボレアル ニースからカンヌ・モナコへ』の画像

南フランス、ニースに滞在しています。朝の気温は13度と肌寒く、それでも散歩していると日差しが強くなりちょうどいい心地よさになります。朝食は散歩途中のカフェ、クロワッサンとチョコパンとコーヒーで3.4ユーロ。少し甘みのあるサクサクのクロワッサンのなんとおいし
『フランス ニースから』の画像

フランス船社、カンパニー・デュ・ポナンの新造船「ル・ボレアル」の実写が届きました。4月上旬、アドリア海にてトライアル(試験航海)が行われ、南極への配船を意識した環境配慮型エンジンなど最新の技術を満載したル・ボレアルは、その静粛性、バランス、つまり乗り心地に
『ル・ボレアル 始動!』の画像

5
雑誌「クルーズ」最新号にて外国船社部門で、カンパニー・デュ・ポナンが第14位に入りました。投票してくださった皆さんに感謝します。 14位でこんなに騒ぐのもおかしな話でありますが、これは快挙であります。 本当に苦労しましたから。 ようやく、お客様からの問合せ
『★ 祝、14位 ★』の画像

今年の4月、カンパニー・デュ・ポナンのル・レバンでニースから乗船したのですが、ニースで乗船前に2泊滞在しました。 ニースはヨットハーバーに隣接したとても小さな港なので、大型船は接岸できません。 似合う船は? ウィンドスター、シードリームヨットクラブ、シーボー
『ニース散策』の画像

当社が日本での販売を手がけているフランスのカンパニー・デュ・ポナン社が来春新造船を就航させます。 名前は、ル・ボレアル。 現在、イタリアのアンコーナにある造船所で建造が進められ、今月1日に写真のとおり進水式が行われました。 最近の新造船は、同じ形の船を何隻も
『超個性派新造船』の画像

PHOTO セブンシーズボイジャー リージェントセブンシーズクルーズの船ですが、ラグジュアリーシップといいつつも、4万トン、船客700名。 3500トン、船客90名のル・レバンからすれば、かなりの大型船に見えます。 それでもラグジュアリーシップと呼ぶのが正しいの
『ル・レバン ローマ入港』の画像

優雅なイタリアのリゾート地を巡ってきたル・レバンは、4日目、大都市ローマの外港、チビタベッキアへ入港しました。さすがはローマ、ご覧のとおりロイヤルカリビアンなどの大型船が何隻も停泊していました。この写真から、ル・レバンの目線の低さが感じ取っていただけるでし
『ル・レバン ローマ入港』の画像

↑このページのトップヘ