クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

ル・ディアマン

ル・ディアマン 日本寄港をキャンセル5

61ee8460.jpgきょう一日で何十本の電話を受けただろうか。
長い一日がやっと終わろうとしています。
3月26日の長崎を皮切りに日本寄港クルーズを展開する予定であったフランス船「ル・ディアマン」の上海−東京クルーズが大幅なスケジュール変更となり、日本寄港がなくなりました。
裏話になりますが、ここ数日カンパニー・デュ・ポナン社のマルセイユの運航部門と連夜協議を重ねてきましたが、連日フランス国内でも報道される今回の震災、とりわけ原発に関する報道に、今回の日本寄港クルーズに乗船する予定のフランス人船客がかなり恐怖感を持っており、いたしかたなく今回の結論となりました。
フランスは、原発への依存が非常に高い国であり、かなり敏感になっているということです。
今朝、まず今回のクルーズをご予約の旅行会社様、お客様へのご案内を行い、その後雑誌やテレビなどのメディア関係者、各地の港湾関係者へ向けてのプレスリリース配信、東京・大阪・広島3都市での見学会中止などの対応に追われました。
実は今回の見学会には、ル・ディアマンがソングオブフラワーとして川崎汽船がクルーズ事業を行っていた時の関係者の方、カンパニー・デュ・ポナン社の親会社であるCMA CGM JAPANおよびその招待客の方など、他の船とは違った多彩なゲストをお招きする予定でした。それだけに今回の抜港は残念でなりません。
しかし、カンパニー・デュ・ポナン社は今回のキャンセルと同時に来年、まったく同じスケジュールでの日本寄港クルーズを決定、寄港する各港のオーダーを正式に入れてきました。それは「1年以内の日本の完全復活を信じて!」との強いメッセージがこめられています。
昨年11月から展開していたル・ディアマンによるアジア各地でのクルーズの中で、実は今回予定されていた日本寄港クルーズが最も人気が高かったのです。フランス人船客は”日本”に来たかったのです。
 今回のル・ディアマン日本寄港クルーズを通して、たくさんの方と出会いました。新たにお取引の始まった旅行会社様、メディア関係の皆さん、熱心に当社へ足を運んでくださった日本各地の港湾関係者の皆さん、今から20年も前にすでに日本でラグジュアリーなクルーズ展開していた川崎汽船の皆さん、マルセイユから送られてくる大量のパンフレット輸送にいつもご尽力をいただいているCMA CGM JAPAN(CMA CGMは世界第3位のフランスのコンテナ船会社)の皆さん、フランスから送られてくるチケットを運んできてくれるDHLのお兄ちゃん。その他今回のクルーズを様々な面でささえていただいた膨大な数の関係者の皆さん。映画の最後のエンドロールにたくさんの出演者やスタッフの名前が流れてゆくように、今回のル・ディアマン日本寄港クルーズはたくさんの方のお陰で実現するところでした。残念な結果にはなりましたが、たくさんの出会いには本当に感謝であります。
 そして、来年大いに盛り上がりたいと思っております。
ぜひ、来年のル・ディアマン日本寄港クルーズにご期待下さい。

PHOTO
ル・ディアマン バルセロナへの入港シーン
(ブリッジは、いつでも出入りOK)

憧れの?海上勤務5

1f499f5d.jpgワタクシ、4月2日付で海上勤務となりますのでよろしくお願い申し上げます。
船はル・ディアマン、日本初寄港のフランス船、8282トン、船客定員はわずか226名という贅沢なスモールシップであります。お客様には毎晩フレンチのフルコースとワインが振舞われます。東京から上海までの11日間、大阪・広島・宇和島・鹿児島・長崎・釜山、もうほとんど日本漫遊クルーズであります。
洋上では、日本のお客様へメニューやデイリープログラムの日本語対応など、「そもそもおれに出来るのか?」という大きな問題はあるものの、がんばってまいりたいと思っております。美しい極東の日本という国に思いをはせてはるばる東京までやってきてくれるフランス人船客や日本再発見の旅に出かけれる日本人船客のみなさんとご一緒させていただきます。
スモールシップは、クルーや船客同士の人の距離感がぐっと近く、親密になります。だからよく言葉を交わし、気がつけば国籍問わずたくさんの友人が出来ます。
それは、同じ船に乗り合わせ、その先を目指す仲間だからなのです。
このクルーズにはたくさんの意味があると思っています。
・スモールシップにおけるクルーズが日本発で成功するのか?
・スモールシップの船旅の幕開けとなるのか?
など。
船会社は、ビジネスが伴ってこそ、そのエリアへの配船を継続します。
このクルーズは80%ぐらいがすでに売れている状況で、昨年11月から続いたアジアクルーズの中では最も人気の高いコースになっています。おそらく船社も来年について意識し始めていることでしょう。
私の課題は、スモールシップ実践編とでも言いましょうか、色んな選択肢の中から「スモールシップを選んでいただくこと。」だと考えています。
ぜひこの”パーソナルな雰囲気”、”これが本来の船旅”というものを体感していただきたいと思っております。

PHOTO
ル・ディアマン
2008年南極クルーズから

■ル・ディアマン 日本初寄港クルーズ■
http://www.mercury-travel.com/cruise/japan/pojp01.html

ル・ディアマン ”ジャパンツアー2011”

762a2378.jpg毎年、春になると外国船が日本にやってきます。今年は一隻のフランス船に注目していただきたい!
「ル・ディアマン」、8000トン強のスモールシップ、実は日本にとてもゆかりのある船。かつて川崎汽船が客船ビジネスを行っていた時代がありました。もう20年以上前のことです。その当時、「ソングオブフラワー」という名前で親しまれ、日本からもたくさんのお客様が乗船されました。それが今のル・ディアマン、久々の凱旋寄港なのです。 このクルーズは上海-東京、東京-上海10泊クルーズで、大半の船客であるフランス人が上海や東京まで飛行機でやってくるフライ&クルーズ。クルーズ前後に東京観光を楽しまれることでしょう。そしてこのクルーズの大半の寄港地は”日本”。フランス人は”日本”が見たいのです。
現代のクルーズ船がひたすら大型化に進む中、スモールシップのパーソナルかつ上質な船旅を楽しまれている方が世界にはいます。そういったクルーズリピーターの方たちは、その”小ささ”の意味を知っています。
下記のとおり、みなさんの町にも行きますので、ぜひ港へ遊びにいらしてください。そして、その”小ささ””パーソナル感”を感じてみて下さい。 
2011/3/26 土 長崎
2011/3/27 日 鹿児島
2011/3/28 月 宇和島
2011/3/29 火 広島
2011/3/30 水-31木 大阪
2011/4/2 土 東京
2011/4/4 月-5火 大阪
2011/4/6 水 広島
2011/4/7 木 宇和島
2011/4/8 金 鹿児島
2011/4/9 土 長崎

ということで、ル・ディアマン ”ジャパンツアー” まもなくスタートです。
http://www.mercury-travel.com/cruise/japan/pojp01.html

PHOTO
ル・ディアマン (ニースにて)

スモールシップの世界5

15b5aaf2.jpgこの夏は、連日横浜でこのブログのタイトルのとおり、正に奮闘、そして色んな出来事が起きています、というか、私自身が出来事を起こしていることもあります。
その一つが「スモールシップアライアンス」という団体の創設。
http://www.smallship.jp/
当社が販売を手がけるフランス船社カンパニー・デュ・ポナンもそのひとつ。一例で言うなら、10000トン、定員264名といった世界。数千人の大型船とはかけ離れた世界。私はこれが究極の船旅、本来の船旅だと最近考えています。スモールシップには、リバークルーズ、帆船、ヨットスタイルなどのサブジャンルがあって、主にヨーロッパが主たるクルーズエリア。このスモールシップというジャンルの認知度向上のため、このような団体を作り、秋には東京と大阪でセミナーを開催。すべてが未知の体験、だけどとてもワクワクする仕事なのです。そして、来年の3月、カンパニー・デュ・ポナンの中でも、元ソングオブフラワーとして日本でも活躍した「ル・ディアマン」が上海−東京10泊クルーズを1往復行います。自身の手がける船社の船が日本へ寄港するのも初めての経験。すると、この船が寄港する日本各地の港湾関係の方が来社されるようになり、また新たなネットワークが出来つつあります。
ル・ディアマンは、フランスの美食を売りとしたフランス船、メガシップとは違った暖かみあるサービスで、お客様を魅了しています。ぜひご期待ください。
そして、同社の別の船「ル・ディアマン」の南米アマゾンリバークルーズの模様がBS朝日「世界の船旅」で再度放映されます。8月30日、ぜひご覧になってください。スモールシップの世界が実感していただけると思います。

PHOTO
ル・ディアマン 南極にて

バレンシアの市場5

c34d835f.jpgスペイン、アンダルシア地方南部の海の玄関口バレンシア。最近クルーズ船の寄港地として人気が高まっています。ここの名物はパエリア。美味しいものがたくさんある街。街を散策していると市場に出くわしました。たくさんつるされた生ハム。これらはバールに行き、タパスとして食べられます。
気温は26度と高いのですが、なぜか快適に過ごせます。最近思うことがあるのですが、ローマのような大都市はそれは見所がたくさんあるのですが、バレンシアのようなこじんまりした街は歩いて散策が出来るので、なぜかほっとするところがあります。大都市の喧騒から来る”疲れ”を感じなくて済むのです。船会社のオプショナルツアーで名所を効率よく回るのもいいですが、あてもなく散策して好きなようにすごすと、かえって印象に残っていたりすることが多いのです。何気なく休憩で立ち寄ったカフェ、そんなコアな場所にまたいつか訪れることが出来たら、すごくうれしくなるような気がします。

ル・ディアマン ディナーの一皿5

d19efe92.jpg2日目、バルセロナを出港した後、ウェルカムガラディナーが供されました。スープ、前菜、魚、肉、デザートはすべて1種類のみと外国船としては珍しいかもしれません。写真は前菜の一皿。ロブスターとザリガニを少しマリネにしたサラダ、キャビアが添えられています。ダイニングマネージャーいわく、ロブスターはそのままのボイルだと単調な味になるので、小ぶりのものをこのようにさばいて前菜として食べたほうが美味しいとのこと。たしかにこんなに瑞々しいロブスターは初めての食感でした。
Profile
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ