クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

ル・ディアマン

5
きょう一日で何十本の電話を受けただろうか。 長い一日がやっと終わろうとしています。 3月26日の長崎を皮切りに日本寄港クルーズを展開する予定であったフランス船「ル・ディアマン」の上海−東京クルーズが大幅なスケジュール変更となり、日本寄港がなくなりました。 裏
『ル・ディアマン 日本寄港をキャンセル』の画像

5
ワタクシ、4月2日付で海上勤務となりますのでよろしくお願い申し上げます。 船はル・ディアマン、日本初寄港のフランス船、8282トン、船客定員はわずか226名という贅沢なスモールシップであります。お客様には毎晩フレンチのフルコースとワインが振舞われます。東京
『憧れの?海上勤務』の画像

毎年、春になると外国船が日本にやってきます。今年は一隻のフランス船に注目していただきたい! 「ル・ディアマン」、8000トン強のスモールシップ、実は日本にとてもゆかりのある船。かつて川崎汽船が客船ビジネスを行っていた時代がありました。もう20年以上前のこと
『ル・ディアマン ”ジャパンツアー2011”』の画像

5
この夏は、連日横浜でこのブログのタイトルのとおり、正に奮闘、そして色んな出来事が起きています、というか、私自身が出来事を起こしていることもあります。 その一つが「スモールシップアライアンス」という団体の創設。 http://www.smallship.jp/ 当社が販売を手がける
『スモールシップの世界』の画像

5
スペイン、アンダルシア地方南部の海の玄関口バレンシア。最近クルーズ船の寄港地として人気が高まっています。ここの名物はパエリア。美味しいものがたくさんある街。街を散策していると市場に出くわしました。たくさんつるされた生ハム。これらはバールに行き、タパスとし
『バレンシアの市場』の画像

5
2日目、バルセロナを出港した後、ウェルカムガラディナーが供されました。スープ、前菜、魚、肉、デザートはすべて1種類のみと外国船としては珍しいかもしれません。写真は前菜の一皿。ロブスターとザリガニを少しマリネにしたサラダ、キャビアが添えられています。ダイニ
『ル・ディアマン ディナーの一皿』の画像

↑このページのトップヘ