クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

ノルウェージャン・エピック

5
今年乗船した中では、ノルウェージャンエピックが最も個性的、革新的、いやぶっ飛んでいた。 どうしてキャビンの通路は青いネオンなのか? どうしてダイニングで食事中、頭上でアクロバットなのか? 私は、ちょっと最近の最先端のビッグシップに頭がついていけてないと感じ
『今年の印象的な船、EPIC』の画像

5
実は今回のエピック視察乗船、エージェントの人間は私一人だけでした。つまりこのように実物の写真を公表できる貴重な立場にあり、懸命にこの船のことを伝えなければとの思いがあります。この貴重な場をアレンジしていただいたNCL関係者の方に御礼を申し上げます。 私の
『ノルウェージャン・エピック レポート完成』の画像

5
PHOTO 先ほどのつつき、スパスイートを別の角度から撮りました。ベッドの向こうにバスタブがあります。これが疑問なのです。。。。
『ノルウェージャン・エピック 5』の画像

5
今日ご紹介するお部屋は、スパ・スイート(SA)バルコニー付で約37?とかなり贅沢な部屋。 この船には、シルバーシーなどにも出店しているスパ「マンダラスパ」が入っていてそのスパ施設へアクセスできる特別な部屋なのです。 部屋の真ん中に丸いベッド、その背後にトイ
『ノルウェージャン・エピック 4』の画像

この写真は、先ほどのシングルルーム(ストゥーディオ)の船客のための共有リビングルーム。シングルの旅行者達がここに集ってお喋りしたり飲物を飲んだり。。。。なんか楽しそう。
『ノルウェージャン・エピック 3』の画像

5
エピックにはユニークなキャビンがいくつかあります。その一つが写真のストゥーディオと呼ばれるシングルルーム。カジュアル船にシングルで乗る場合、だいだい200%料金を取られるのですが、シングルルームなのでツイン利用に比べわずかな差額で乗ることが出来ます。旅行
『ノルウェージャン・エピック 2』の画像

5
サウザンプトンで24日にエピックを下船、同日のヒースロー発キャセイで帰国の予定がオーバーブッキングで搭乗できず、1日ロンドンで足止め。それもまた初の経験。土曜日に帰国、昨日より横浜にて業務復帰しております。しばらくエピックについて語ってゆこうと思っていま
『ノルウェージャン・エピック 1』の画像

5
22日エピックに乗船、久々のメガシップに圧倒されました。NCLが4年を費やして送り出すメガシップ「ノルウェージャンエピック」がついに就航。他者の真似をしない、我が道を行くNCLらしく、独創性に溢れた仕上がりになっていました。そして気づいたのが、色目が全体
『NCL EPIC デビュー』の画像

5
いよいよ、エピック乗船の日がやってきました。さぁ、準備万端でサウザンプトンへ向かおうと思いきや、関係者から出港の大幅遅延の連絡が。。。NEW SHIP、若干のトラブルが発生している模様。まぁ、新造船はいろいろございます。動きながらもまだ工事中、という船もありまし
『THE DAY TO "EPIC"』の画像

1
明日、サウザンプトンからNCLの新造船「ノルウェージャン・エピック」に乗船、そのためロンドン市内に滞在しています。気温は15度前後と肌寒く、夜9時を過ぎても明るく、横浜の暑さがうそのようです。 知らない街への滞在、時としてつらいものがあります。実質ロンド
『1 DAY TO NCL EPIC』の画像

↑このページのトップヘ