クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

スモールシップアライアンス

6月と7月のイベント

 4月の終わりから、シードリーム→ポナン→シードリームと渡り歩く、幸せな1か月強でした。
たくさんのお客様とご一緒させていただきました。
 シードリーム・ヨットクラブ、あらためてたいした会社だと思いました。
乗ったお客さんをことごとく熱狂的に虜にしてしまうのですから。
我ながら、「なんなんだ、あの会社は!!」と思います。
シードリーム・ヨットクラブのオーナーはノルウェー人。
彼はいつも「シードリームは、ベスト&ベストで行きたいんだ。」と口にします。
ケチなコストカットなど考えず、すべてにおいて最高を提供する、すごく次元の高いサービスを
供する会社。ほとんどの港はテンダーボートで上陸ですが、たとえお客さん一人であっても
テンダーは動かします。
ある程度お客さんが集まるまで動かさない、とかそんなことはしません。
いまさらながら凄い会社だなぁ、と実感しました。
 ポナン、恒例の日本発着、今年は新コース、高松、別府など初寄港もありました。
大阪〜高松〜広島〜別府〜門司の瀬戸内海区間は最高でした。
あらためて美しく穏やかな海に感動しました。
日本海に出てからは境港、金沢、佐渡、秋田、青森、室蘭と北上、日本は四季のある美しい国、
フランス人ゲストも満喫していました。みなさん日本のファンになったようです。
 6月・7月とイベントが続きます。イベントはお客さんと直接会える、それがうれしいのです。
■6月23日 クルーズ&トーク「ホーランドアメリカライン」 in ぐりる・てる
  当社が主催、年に1〜2回行うイベント、クルーズを売るための単なる説明会ではありません。
  ひたすらその船の魅力を語ります。
  今回はホーランドアメリカライン。今回のイベントはとても大切な内容をお話しさせていただきます。
  来年のフォーレンダムによる日本発着、これはとても貴重なクルーズになる可能性があります。
  再来年の日本発着、なんと8万トンクラスのウエステルダム投入が発表されました。
  「フォーレンダムよりウエステルダムの方が新しく大きい船、おすすめですよー。」なんて短絡的な
  プレゼンはしません。むしろ来年のフォーレンダムの方が価値があります。
  フォーレンダムは6万トンですが、このぐらいのサイズの船、他社ではもうラグジュアリー船に
  なります。
  でもフォーレンダムはじめ、HALの5〜6万トンは本当に高級感があり、
  あのクルーズ料金では安すぎる、といつも思います。
  船内は混み合うことがなく、客室も快適で広め、中型船の魅力がぎっしりと
  詰まってます。再来年のウエステルダム、HALとしては初めて8万トンクラスを日本に持ってくるの
  ですが、つまりキャパシティを増やしたわけです。8万トンクラスはそれはそれでかなりカッコイイ
  船なのですが、時代性からバルコニーキャビンが多く、外観はいまどきの船、船内はHALらしい
  クラシック感はあるものの、現代的な装飾なども入り込んで、HALの船に必ず感じる、いい意味での
  「古臭さ」が全くないのです。HALの日本発着はこのまま8万トンクラスにサイズアップされる
  可能性があります。そうなると来年のフォーレンダム6万トンクラスは、日本で乗れる最後の
  6万トンクラスになるかもしれません。  (ならないことを願いますが)
  数年前、横浜大桟橋でダイヤモンドプリンセスとフォーレンダムが並んだことがありました。
  断然、ダイヤモンドの方が大きくスタイリッシュ、フォーレンダムは小さくて地味で。
  でも私は中身が凄いことを知ってますから、その時は堂々とフォーレンダムに乗船しました。
  ホーランドアメリカラインは150年ぐらいの歴史ある会社なので、どうも日本ではきちっと
  語られていない。
  ならば、日本一のHALファンである私がこの会社をきちっとプレゼンテーションしたいと思います。
  そして今、HALは初クルーズの方も選ばれるようになりました。理由は口コミ。事実、今日本発着の
  プレミアム船の中では、クオリティにおいて、頭ひとつ抜き出てると思います、というかライバル
  他社のレベルが下がっている気がします。
  場所は、京橋に新しくできたエドグランというビル、その1階にオープンしたニュージーランドビーフと
  ワインの店「ぐりる・てる」。 みなさまのご参加をお待ち申し上げております。
  6月23日 15:00から  詳細はコチラ →  http://www.mercury-travel.com/cafe/
■7月14〜15日 スモールシップフェア in 大阪
  東京で大盛況だったフェアを大阪でも開催することになりました。
  ここ数年で、スモールシップが日本でもかなり浸透してきました。
  一昔前は、数千人が乗る大きな船が豪華な船と大半の人が思っていたのですが、
  今は、「いやいや、良い船は小さいんだよ。」ということがかなり知れ渡ってきました。
  私の講演は2回、1回目(14日)は、BIG ship VS SMALL ship 。
  これは多少過激な内容かもしれませんが、”事実”をお話しします。
  ひどい写真、すばらしい写真もお見せします。
  2回目(15日)は、ポナンで行った南極クルーズの報告会。お陰様で東京のフェアでは大変好評を
  いただき、その場で何件か2019年の南極クルーズのご予約をいただきました。
  いいプレゼンをすれば、必ずお客様の心が揺り動かされ、そのクルーズへ行きたくなる。
  いつもそう信じてプレゼンしています。
  想像をはるかに超える感動をもたらしてくれる南極、このプレゼンで「こんなに簡単に行けるの?」
  と感じていただけると思います。
  7月14〜15日  詳細はコチラ → http://www.mercury-travel.com/ssa/

 雑誌「クルーズ」で新たに連載がスタートしました。ずっと読んでた船の雑誌、まさか自分が連載とは
思ってもみませんでした。この雑誌はクルーズ初心者から上級者までいろんな方が読んでおられます。
連載を始めるにあたり、初心者向けの内容はどなたかがなさるだろうから、私は上級者に向けた
内容に絞って書かせていただくことを了承いただいてます。
でも、本音はクルーズ初心者の方も読んで興味を持ってもらえたら、と思ってます。
もし本文の中でわからない用語などがあれば、何でも質問してください。

 「あ、今年も夏が来るなぁ。」と感じるこの時期、すごくワクワクします。
アラスカや北欧のクルーズがスタートするからです。
最近、アメリカに行く機会がなく、もし、休みが取れたら、ホーランドアメリカラインでアラスカへ
行きたいなぁ、といつも考えています。6月ちょっと行けるかも、と思ってましたが、無理でした。
(がっかり)


IMG_8557


IMG_8657




P1050740


スモールシップアライアンス 夏のセミナー

7de8c63f.jpg スモールシップアライアンスは、今年3年目のシーズンを迎え、新たなメンバーも加わって6月に恒例のセミナーを開催します。
旅行会社の方やメディアの方向けは大阪と東京、そして今年は2年ぶりに一般のお客様向けのセミナーを大阪と東京、そして初めて福岡でも開催することになりました。
詳細は追ってお送り致します。
 スモールシップアライアンス(SSA)を通して活動してきて、自身で確信することがあります。それは我々が取り扱うクルーズ会社にはポリシーがあるということ。
それは、パンフレットやウェブサイト、価格などあらゆる面で色濃く出ています。
例えば価格、あまり大幅なディスカウントというものがありません。それは下げれない理由があるからです。それは何かというとクオリティを下げたくないのです。そしてそれに対して熱狂的な支持層が世界中に存在するのです。
平たく言えば「ちょっと(お金を)出してもいいから、いい気分にさせてほしい。」ということなのでしょう。
ヨーロッパへの出張中、シードリーム・ヨットクラブに乗ってきました。
強烈なカルチャーショックを受けてきました。
サービス面は、「ありったけの」「惜しみない」最高のサービスを提供、
食事面は、高級食材をふんだんに、そして出来立てのアツアツを、
さらには、船客の名前が刺繍されたパジャマが用意されているなどのサプライズも多々、
噂どおり、高級船にもかかわらず40代マンハッタン在住など若い世代も乗船している、
そしてこの船に乗って素晴らしいことは、乗船している船客がみな存分に人生を楽しんでいる人たちで、すごく刺激を受ける。
「そうか、自分の人生を楽しんでいいんだ。」、「遊ぶ時は思いっきり遊んでいいんだ。」と遊ぶ勇気をもらえるのです。
まぁ、私はシードリームの5日間で骨抜きにされました。ちょっとこの船はヤバイですよ。
ただし、ちょっとお値段が高い、でもこの夏にでもまたあの船上にすぐ戻りたい。そう、ちょっとシードリーム中毒になってしまったんだと思います。
 スモールシップって、そういう覚醒作用があります。一言で言うと「忘れられない船旅。」ではないかと。
 夏のセミナー、ご期待下さい。

スモールシップアライアンス
http://www.smallship.jp/SEMINAR2012.html

PHOTO
シードリーム機.灰襯轡島ボニファシオでのディナー

SSA メディア新年会5

b06e773d.jpg昨晩は、東京でクルーズ関連のメディアの方をお招きして、スモールシップアライアンスの新年会を行いました。
新しい船社を日本マーケットで広めてゆく時、雑誌やテレビ、新聞といったメディアの力がとても大切なのです。それら媒体で紹介していただくことで、一般の方がその船会社を知り、興味を持っていただけるのです。
昨日もSSA加盟4社からのプレゼンテーションを行いましたが、なかなか興味深い情報がたくさんありました。
クラシックインターナショナルのダフネという船が今春横浜にやって来るとのこと、オールドシップなのですが、非常に興味深い船です。
そしてオーシャンドリーム社からは、タヒチの貨客船「アラヌイ」の紹介。マルケサス諸島を2週間かけて回る船。地元の生活物資を運ぶ貨物船かつクルーズ船というユニークな船です。
オーシャニアは、同社として初の新造船「マリーナ」がいよいよ今年就航。まだ船内の写真はなくCGIですが、非常に革新的なインテリア、ダイニングバリエーションとなっているようです。
そして私からは、フランスのポナンを手がけて以来3年が経ち、その間のメディアの方のご協力への御礼、そしてフレンチの次は、ブリティッシュ「サガ」をよろしくお願いします、ということで、サガのプレゼンテーションをさせていただきました。
そしてご来場いただいたゲストの方のお一人、増田和美さんは、クルーズライターの草分け的な方ですが、サガルビーのオリジンである「ビスタフィヨルド」の時代にこの船で仕事をされていたとのことで、現在のルビーのデッキプランと見比べて、その違いなどのお話を大変興味深く伺うことが出来ました。そして超クラシックなサガルビーが、日本マーケットで紹介されることを大変喜んでいただきました。
現代のクルーズビジネスがひたすら新しく大型化が進む中、その対極の船、小さい船やクラシックな船の魅力をいかに伝えてゆくか、また難しいチャレンジが今年から始まります。
ノルウェーのオーシャンライナーだったビスタフィヨルド、
現在はブリティッシュクルーズ船、サガルビー、
テレビ、雑誌等に登場してまいりますので、ぜひご期待下さい。

セミナーへのご参加御礼5

大阪、東京での一連のスモールシップ・セミナーは、ようやく終了しました。最終日の日曜日は、70名近くの方にお越しいただきお陰様で盛会となりました。ご来場ありがとうございました。しかし内容に反省もあります。スモールシップの集まりなのだから、もっとスモールシップの世界を語る時間を作るべきでした。その魅力的な世界をもっと伝えたかった、と後悔の念。
今回の活動を経て、当社のお客様にもリバークルーズに乗ってみたいという方が増えてきました。私自身も今リバークルーズへの興味が日増しに強くなっています。新幹線や飛行機での移動中など、ずっとユニワールドというリバークルーズ会社のパンフレットを読んでいました。非常に奥が深いです。そして川は町の中心を流れてる、というか川に沿って街が発展してゆくので、驚くほど町の中心から乗船するそうです。
自身がリバークルーズに乗るなら、やっぱりヨーロッパで乗ってみたいと思っています。フランスのワイナリーを巡るリバークルーズなんて最高ですね。東欧やロシアもしっとりしていてよさそう。ぜひ皆さんもリバークルーズに注目してみて下さい。
Profile
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ