クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

サガルビー

いい旅だった。。。

おはようございます。
今日から横浜で仕事再開です。
サガルビーのノルウェーフィヨルドクルーズ、楽しい夢の時間はあっという間に過ぎ去ってしまいました。
ホワイトクリフをながめながらのドーバー港からの出港、ノルウェーの各寄港地では13度という涼しさ、
そしてどこからみても魅了されるサガルビーの船体の優美さ、
この思い出は、写真とともに丁寧に整理しようと思っています。
船齢40年のサガルビー、その走りは安定感があって、ほとんど揺れることもなく、これで引退させるのは
惜しいと思うほどの航海でした。
一度行ってみたかったゲイランゲルフィヨルド、その終着の入り江へのアプローチは神秘的で、逆に13度という肌寒い天気もあいまって、不思議な印象が残っています。
今回は、熱狂的な船好きの方たちとご一緒し、大変楽しい時間を過ごすことが出来ました。
この船にカロニアの時代やビスタフィヨルドの時代に乗ったことがある方、主にかつてのキュナードや
ロイヤルバイキングに乗船したことのある方、その方たちとの語らいは船ファンの談義としては極上の語らいで
あったと思います。「サガルビーが引退するのなら、せめて一度は乗っておきたい。」と集まった方たちは、
そんな素晴らしい方ばかりでした。そして事前には知らせなかったのですが、ダグラスワード氏もご招待していました。ちょうど、ベルリッツの来年度版の編集を終え、休暇が取れる時期でもあったそうで、船ファンの方たちはある種神様のような存在の出現に驚き、語らい、記念撮影をし、それもまた貴重な思い出となりました。
「人生の中で、何か作品と呼べるものを作りなさい。」とものの本にありました。私の場合、昨年のサガルビー
、長崎−香港はそれに値しましたが、今回のノルウェーフィヨルドも価値ある時間を創出できたかなと思っています。
温かみのあるおもてなし、気の利いたサービス、相変わらず贅沢な食、ジャズやビッグバンドなど大人のエンターティメント、あらためてサガの素晴らしさを強く認識しました。
 これで私の中で一区切りをつけることが出来ました。サガルビーと別れる区切りです。英国の船関係者はもっとドライに区切りをつけ、その先を見据えています。例えばダグラス氏は、サガのこれからを担うサガサファイアはかなり高く評価をしており、「この船で英国マーケットではフレッドオルセンやP&Oのワンランク上のサービスを行ってるね。」と評価しています。たしかにサガサファイアは4日間ほど乗りましたが、標準的なキャビンでも22屬△蝓▲僖屮螢奪ススペースの散りばめ方も巧みで、あらためて近代稀に見るある種の”格”を感じました。
クルーズ前後にはロンドン市内を2階建てバスで観光したり、ハロッズにお土産を買いに行ったりと普通の観光旅行を満喫、なんだかベタなんですけど、「旅行って楽しいなぁ。」と、久々に実感しました。
 子供の頃は夏がいちばん好きでした。幼少期夏休みの間だけの水泳学校に放り込まれ、泳ぐことだけは得意になったこともあると思います。(今はダメですが。)
ノルウェーから帰って来て、まだ8月19日であと1ヶ月は夏が続くと思うのですが、子供の頃の「わくわくする夏休み。」のように、なんか楽しく過ごしたいなぁと思っております。
 そして良い休暇を過ごせたので、ちょっと仕事もやる気が出てきました。アムステルダムから成田への機内でも読書傍ら、面白いアイデアも出てきました。

IMG_4847
Saga Ruby at Geiranger Fjord, Norway

SAGA 涼しい北ヨーロッパの船旅

横浜は最近雨が全然降りません。今日はちょっと雲行きが怪しく、たまにはザーッと降って
少しは涼しくなればいいなぁと思っております。
来週ロンドンへ飛び、4日発のサガサファイア バルト海クルーズに乗船、TV取材陣や乗船される日本のお客様のサポートで7日のカルンボー(コペンハーゲン)で降ります。
今夏のご旅行をサガの船旅に委ねてくださった船客の皆さん、16泊の上質なバルト海クルーズを心置きなくゆったりとご堪能いただければと思っております。またテレビや雑誌など、取材していただけるのはとてもありがたいことです。放映はまだ先になりますが、その節はぜひご覧になって下さい。
その後ロンドンに戻っていくつかのアポイントをこなして、夏休みをいただきます。
サガルビー、ノルウェーフィヨルドクルーズ。
一船客としての乗船なのですが、寄港地観光、どれか申し込もうかなぁとも思うのですが、
いや、ずっと船にいようか、とも。
何しろ引退ですから。
オルデンという地に寄港するのですが、クイーンエリザベスも同じ日に寄港するようです。
サガルビーと並んだら、全然形が違うなぁと思うことでしょう。あちらは最新鋭の船ですから。
サガルビーの船内はいつも落ち着いてて、静かで、ゆっくりと時間が流れています。
カジノがない、子供が乗っていない、などいろいろあると思うのですが、
一番の理由は船そのものが醸し出す本物の質感なのだと思っています。
サガルビー、いやビスタフィヨルド。就航から40周年にして引退。
その最後のわずか5年、この船に仕事で携われたことは私にとって大きな財産です。
あの難解なデッキプランとにらめっこしながらご予約をいただいたお客様に
最適なキャビン番号を選ぶ作業も、いつか懐かしい思い出になりそうです。
ノルウェーフィヨルドクルーズ(8/9〜8/16)、よろしければ期間中facebook ご覧になって下さい。

サガルビーの難解すぎるキャビン仕様 、ここに公開します。
http://www.mercury-travel.com/sagaruby-fact.html

SAGARUBY20110804 005

サガクルーズ、2014年への展望

サガの2014年スケジュールが発表となりました。
サガルビーの今年末での引退は、揺るぐことがなく、変な言い方ですが予定通り引退します。
IMOレギュレーションをクリアするためのコスト、燃費問題(サガルビーは燃費が悪い)等々、
いろいろと理由はあるのですが、一番の理由はサガとして、より快適なキャビンなど、すべてのレベルを
引き上げたい、そのためにはチャレンジしなければならない、ということのようです。
雑誌「クルーズ」最新号にサガの記事を掲載しました。
56ページを開いてみて下さい。「あれ、この雑誌は20年前のバックナンバー?」と思うほどのクラシックな
写真から始まっています。 今、このように引退間際の船のことをコストをかけて紹介するのは私ぐらいでしょう。
2008年、QE2引退の時、誰もそれをやらなかった。セールス主導では仕方ないことかもしれませんが、
船ファンとしてはとても残念に思いました。
FBで少し書きましたが、ベルリッツクルーズガイドブック、1985年のトップ3は、
1位 サガフィヨルド(サガローズ 2009年引退) 1825点
2位 ビスタフィヨルド(サガルビー 2013年引退) 1820点
3位 ロイヤルバイキングシー 1810点
当時、日本では高級船の嗜好はロイヤルバイキングライン派とキュナード派に分かれる感じがあったそうです。
この年以降、ベルリッツのレーティングはロイヤルバイキングラインが1位を独占してゆくのです。
あらためてロイヤルバイキングラインとは凄い存在であることを実感します。
 さて、未来の話ですが、サガの2014年は、サガサファイア(元オイローパ)とサガパール兇
2隻体制ですが、日本マーケットでは、サガサファイア1隻の販売となります。各コース、面白いテーマがあったり、サガ得意の巧みなコース設定がなされていたり。日本の暑い夏、サガが涼しい北ヨーロッパの船旅へ
ご案内いたします。
しかし、
今シーズン、サガルビーのフェアウェルシーズン、一人でも多くの方に”歴史の証人”になっていただきたいと存じます。
サガルビーとは孤高の存在、二度と出会うことのない船です。今や姉妹船乱発のクルーズ船、
「あの船に乗りたい。」という船名指名での乗船は少なくなってきている気がする中、
サガルビーはサガルビーでしかならないのです。 今思えば昨年の日本発着が、サガルビーとしての
最後の日本寄港、貴重なクルーズとなりました。
今夏8月9日発のノルウェーフィヨルド7泊には、自身初めて純然たる「お客さん」として乗ろうと思ってます。
思いを共にする皆さんと食事をし、美味い酒をサウスケープバーで飲み、このクルーズのテーマである
ジャズを堪能する。そして美しいノルウェーフィヨルドに思いをめぐらしております。

2013年、サガルビー引退。
それはオーシャンライナー時代の本当の終焉を意味します。

http://www.mercury-travel.com/saga/

sagaruby07 353
sagaruby07 431

孤高の存在、サガルビー5

2201c8e7.jpg 一昨日のサガルビーTV放映を経て、たくさんの方から「見たよ。」「DVD撮ったからこれから見るんだ。」なんてお言葉をいただきました。
私も見ましたが、「うみぶどうやシーサーとかいらないから、もっと船を見せてくれ。」と思ったのですが、そこはテレビ局サイドの意向がございまして。
 あのクルーズ中は、慣れない添乗業務でほとんど港からの入出航風景を見ていなかったので、「あぁ、こんな感じだったんだぁ。」と私もテレビを見ていました。
既報のとおり、来年がサガルビーの最後のシーズン、サガルビーってどういう存在なんだろう、と考えた時、やっぱり一言ではなかなか語れない船。QE2なきあと、最後の大物と語ってきたが、そのルビーも引退。ルビーに続くグレートシップを探しても、どうしても1980年代建造になってしまう。25000トンにして喫水8メートルという深さ、(喫水8mは、現代では10万トン相当の船の喫水)あのフォルム、誰かと船の話をするとき、このサガルビーの匂いを知っているか否かはとても大きいと思っています。
サガルビーの前向きな話しを。
 2013年ワールドクルーズは、サウザンプトンから南米〜豪州〜アフリカという極端な南回り。もうすぐ正式に発表できると思うのですが、オークランドからフリーマントル(パース)への区間乗船にOKが出ました。
サガルビー・コレクターズボヤージュ2、もうしばらくお待ち下さい。
 そして私も一人の船好き、実はサガルビー乗船は仕事がらみばかりなので、
自分自身が楽しむために、来夏8/9のドーバー発ノルウェーフィヨルド7泊に予約を入れました。このクルーズのストレートなタイトル「ビューティフルノルウェー」が気に入り、ジャズがテーマクルーズというのも気に入りまして。
 そして、あろうことかキャビンはカテゴリZBの1号室.とてつもなくデカイ2階建てのデュプレクス・スイート。 ちなみにカネはない。まぁ1年かけて考えればいいか、と。とにかく来年でサガルビーは引退、だから、ワタシ後悔したくないんです。 金持ちになるのを待ってたら間に合わない。なれるという保証もない。
そしたら、なぜかこのクルーズの売れ行きが好調。NY在住クルーズライターMさんも乗船される。また楽しいクルーズになりそうです。
http://www.mercury-travel.com/cruise/neurope/sagarubyne01.html

PHOTO
サガルビー カテゴリZB(2階部分のバルコニー) さぁ、カネはどうする。

何事も最低10年5

b59a9447.jpgいよいよ、いよいよ、いよいよ サガ TV初登場であります。
乗船された方、あの時の思い出に浸って下さい。
まだ乗船経験のない方、ぜひご覧下さい。魅了されますので。
他のどんな会社、どんな船とも違う、1973年という時代が生み出した船です。

9月3日(月) 21:00〜22:00
第82話 サガルビー
45歳以上限定!歴史ある英国客船で巡るアジア豪華グルメクルーズ
http://www.worldcruisenet.com/bs/index.html
★1分間の予告編がご覧いただけます★

今年に入り、ありがたいことにサガクルーズとカンパニー・デュ・ポナンへのお問合せがかなり増えてきました。雑誌やテレビなどでご覧いただき、何かしら興味を持っていただき、お問合せにつながっている、大型船の日本発着がブレークの一方、個性派のスモールシップもいよいよ日本で認知されつつあるのでは、と実感しております。
私は、いわばセールスマンです。
セールスマンとしては個性がある商品の方が販売しやすいと思っています。
つまり、語るべきネタがあるからなんです。
しかし良いものが必ずしも売れるとは限らない。そこが難しくしんどい。
でも、続けてみなければわからない、それが最低何事も10年ではないかと。
ただしその10年は暗く長い道のりで、10年たてば必ず華々しい結果が出ると約束されたわけでもない。
私は、板前さんのような厳しい修行に耐える根性はありません。
せめて自分で始めた仕事、とことん追及することを修行であると考えようと。
 ほんの2週間前、アマデアに乗ってアイスランドへ行って。。。
なのに、思い出に浸る間もなく日々忙殺されすぐに夕方がやってきて。
仕方がない。今は修行時代と考えよう。
今までプライベートの船旅は最長8泊。これが限界。これ以上は休めない。
いつか、2週間ぐらいの長いクルーズに行けることを夢見てがんばろう。
2週間休みが取れたら、、、、
ニュージーランドからオーストラリア、パナマ運河、南米、カリブ海7泊×2連発、夢が膨らみます。

PHOTO
2002年、ジェノバにて

MSCが初めて新造船を作って、名前がリリカってかわいくって。
(オレ、MSC乗ったことがあるんだぁ。)

サガルビー 引退の時

f329ce59.jpg今日、1枚のプレスリリースを流しました。
サガルビー 引退。
その時が訪れました。
サガルビーは18ヵ月後、2014年1月7日をもって引退します。
当初2015年までは確実視されていました。しかし様々な状況からこのような発表となりました。
私はあまりフットワークが良い方ではないのですが、もう少し腰が重かったら自身とこの船が交わることはなかったかもしれません。サガルビー40年の歴史の中で終盤の5年間ですが、この船とともに歩むことができました。それは仕事上においてもこの上ない幸せでした。
ふと思い返してみて、自身がサガルビーに純然たる船客として乗船したことがないことに気づきました。来年のスケジュールをあわててチェック、来夏8月のノルウェーフィヨルド7泊へ行こうと今決めました。8/9ドーバー出港、タイトルは "Beautiful Norway" 。いいタイトルじゃないですか。
ということで2013年はサガルビーのフェアウェルシーズンとなります。
こういうことを意識するのは、2008年のQE2以来です。
2013年のサガルビーは、南米〜豪州〜南アフリカを回るワールドクルーズ109泊から始まり、最後は12月7日出港のクリスマス・カリビアン31泊。その豪快なスケジュールはグレートライナーにとてもふさわしい。
2013年サガルビー・フェアウェルシーズン、めいっぱいの「ありがとう」を込めて最高のシーズンにしたいと思っております。ぜひみなさんのお力添え、何卒よろしくお願い致します。
【サガルビー 2013年 フェアウェルシーズン 】
http://www.mercury-travel.com/saga/all/sagaruby2.html

サガルビー、今なお冷めやらず。5

fc584fdc.jpg昨日は不思議な日でした。
3月のサガルビーにご乗船いただいた下関のS氏からお手紙と、クルーズの模様を撮影したDVDを頂戴しました。DVD、動く映像を見ると鮮明に記憶がよみがえってきます。今晩もう一度ゆっくり見ようと思います。ありがとうございます。
それから、関西のちょっとイカツイ系の先輩から電話があり、
「今年はサガルビー乗られへんかったけど、来年は来るんか?」とのお問合せ。
「残念ながら、来年のワールドクルーズは日本にはかすりもしないコースでして。。。」とご説明。ビスタフィヨルドの時代に2度乗船され、もう一度乗りたいとのこと、ありがたいことです。
そして、今なおブログで長期連載をしていただいているMr. Yotajii 、いつも応援ありがとうございます。
ということで、不思議な1日でした。
先日、ドーバーにてサガのマネージングディレクターのジェームス・デュグイッド氏と話をしてきました。彼は当然日本の皆さんがサガルビーに多数ご乗船いただいたことを知っています。そして更なる要望や改善事項を私にヒアリングしてきます。
そして、以下のメッセージを言付かってきました。
「来年は残念ながらサガの船は日本には行かないが、新しいサガサファイア、皆さんご存知のサガルビー、そしてクエストフォーアドベンチャーという魅力的な3隻の船が英国発着で素晴らしいクルーズを展開するので、ぜひイギリスまでこれらの船に会いに来て下さい、と絶対に伝えてほしい。」と。

PHOTO
長崎で仕入れた日本食コーナー。

E-MAIL FROM SAGA RUBY5

645daa54.jpgCRUISE & TRAVELLER がお手元にある方は、54ページをご覧下さい。そこに出ているジェームス・デュグイッドが私のイギリス人の恐い上司であります。
彼からメールが来ました。
「5月にヨーロッパにいるらしいじゃないか。サファイアに乗れよ!すっごくいいぞ! サンクトペテルブルグに来てくれ。じゃぁな。」と、まぁこんな感じの乱暴なメール。 オレにロシアに飛べというのか、ロシアも恐いって。
しかしジェームスには、他社の船で休暇クルーズとは言えず、「あ、ちょっと考えます。」的な返信でごまかして。
ちなみにサガルビーは今日はスエズ運河を通過、なんとまだワールドクルーズ中なんですよ。ジェームスは、先週オマーンのサラーラあたりからエジプトのシャムエルシェイクまでサガルビーに乗って、スタッフとミーティングを行ってきたとのこと。
そして、特にダイニングのマネージャーなどは、「せめて100個ぐらい日本語の単語をクルーに教えておくべきだった。次はもっと日本のゲストとのコミュニケーションが取れるように改善したい。」とのこと。
そしてジェームスはイギリス人船客の何人かにも日本人船客について尋ねたところ、
なんと、「ディナーテーブルをご一緒するなど、もっと日本人船客と交わりたかった。そういう場をもっと設けてほしい」とサガに要望があったそうです。
うっれしい言葉じゃないですか!!
日本人とイギリス人は、絶対価値観が合うんですよ。
ジェームスは、今回長崎からご乗船いただいた日本人船客を、すでに Our Customers と表現します。SAGAの顧客として、「次はもっといいサービスを提供する。」と意気込んでいるのです。
 サガサファイアは、イタリア・フィンカンティエリ造船所のストライキの影響で、就航が8日ほど遅れ、4月3日サウザンプトン発で処女航海がスタートしました。
もしかしたら来月の中旬、幸運にもその洋上にいれるかもしれません。
サガサファイアの魅力をどのように伝えようか、それが今年の大事な仕事になります。

PHOTO
ハパグロイド時代のオイローパ(現サガサファイア)
神戸初入港の時に撮りました。

雑誌「CRUISE TRAVELLER」 創刊のお知らせ5



メディアのご紹介が続きます。
雑誌「AZUR」からクルーズ専門雑誌「CRUISE TRAVELLER」が創刊。
4月16日発売の創刊号では、
英国客船特集、 サガルビーで行くドーバーから英国・アイルランド・アイスランドクルーズの模様が掲載されます。
サガルビーだけで、ドドーンと10ページぶち抜きですから!
私のイギリス人の上司、ジェームス・デュグイッド氏も登場しております。
ぜひ、ご覧下さい。
 また、シップインプレッションという船そのものにフォーカスをあてたコーナーでは、
カンパニー・デュ・ポナンの「ロストラル」が登場、ベニスからクロアチア・モンテネグロを巡る素晴らしいコース、写真はキタムラミワコさん、記事は小職が担当しました。先に言っておきます。写真は素晴らしいです。記事はダメダメです。
CRUISE TRAVELLER / AZUR 購入サイト
http://www.tokyonews-webstore.com/funeazur/index.html

WEBサライ クルーズレポートご案内5

日本のクルーズライターの第一人者である、上田寿美子さんによる、
サガルビー ワールドクルーズの模様が
WEBサライにて掲載されております。
ぜひ、ご覧下さい。
http://www.webserai.jp/
Profile
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ