クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

シードリーム・ヨットクラブ

シードリームⅡ、下船地のドブロブニク、旧市街沖に到着しました。 またしてもこの船に出会いました。 イクリプス、シードリームⅡよりも大きいプライベートヨット。 ヘリポートにプール、小型潜水艦まで搭載している。 船価は、約2000億円。22万トンの世界最大クルー
『2021年8月27日 ドブロブニク(クロアチア)』の画像

おはようございます。 最近、パンケーキがマイブームでして、今日はベリーのパンケーキをいただきました。 クロアチアのザダルに寄港、シードリームとしては珍しく今日も接岸しました。 朝の運動、ゴルフシミュレーターでワンラウンドしてから街へ出かけてみます。 この
『2021年8月25日 ザダル(クロアチア)』の画像

今回のシードリームⅡのベニスからドブロブニク、実は距離としてはそんなに走らないんです。このアドリア海、特にクロアチア沖のダルマチアンコーストは、今、南フランス・コートダジュールやイタリア・リビエラと並ぶほど人気のリゾート地になっているのです。 そんなに遠
『2021年8月24日 オパティヤ(クロアチア)』の画像

朝、目が覚めたらスロベニアのコペル港に接岸していました。 実は、当初はイタリアのトリエステ寄港の予定でしたが、変更になりました。 ただ、シードリームは、港に接岸は全然似合わない船。この写真のようにコンテナ船のガントリークレーンが見えたりするとガッカリの景色
『2021年8月22日 コペル(スロベニア)』の画像

日本では、日本船のクルーズは苦戦しながらも運航しつつありますが、 外国船のクルーズは、様々な問題でなかなか運航が実現しません。 しかし、ヨーロッパや北米では、今月ぐらいから運航が徐々に再開されつつあります。 もちろん、各社が感染症対策を行い、各国の関係機関
『2022年乗船コース その4 シードリーム・ヨットクラブ』の画像

5/29 サンレモ シードリームⅠは、モナコから東へ、イタリアへの国境を超えてすぐのサンレモ沖に錨泊。 テンダーボートで上陸します。 船尾のマリーナプラットフォームから泳いだり、カヤックをしたり、 まさにプライベートヨットの過ごし方です。 サンレモは活気
『2017年 F1モナコグランプリクルーズ Day5』の画像

5/28 モナコ 兵どもが夢のあと。モナコグランプリ観戦を終え、シードリームⅠに戻りました。 モンテカルロ湾の美しい夕景、とってもゴージャスな夜。 これが噂のドリームベッド。DO NOT DISTURB、モンテカルロで星空を見ながら 眠るのはいかがでしょう? 今夜も
『2017年 F1モナコグランプリクルーズ Day4 - 2』の画像

5/28 モナコ さて、F1モナコグランプリ、決勝日。 この日の予定と注意事項を下記のとおりお客様へご案内していました。 ------------------------------------------ 2017 F1モナコグランプリ スケジュール ポルシェ モービル1 スーパーカップ (16週 or 3
『2017年 F1モナコグランプリクルーズ Day4 - 1』の画像

5/26 サントロペ 2017年のシードリーム、F1モナコグランプリクルーズはニースを出港、2日目はサントロペ。 普通のクルーズ船みたいに、朝早くから大型バスに乗って名所旧跡の観光に出かけるような 慌ただしい過ごし方は似合わない船。 リラックス、ゆったりと一日を始める
『2017年 F1モナコグランプリクルーズ Day2』の画像

5/25 ニース 出港 日本からニースへは、パリ経由のエールフランスで。 ニース・コートダジュール空港には、F1関係者のプライベートジェットがずらりと並びます。 ニース港に停泊するシードリーム、午後2時乗船。 丸窓のお部屋はデッキ2、少しクラシックな部屋。 キュナ
『2017年 F1モナコグランプリクルーズ Day1』の画像

↑このページのトップヘ