クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

シードリーム・ヨットクラブ

ちょいと値段の高いクルーズ会社

曇天、強い雨が降る月曜日、通勤に、通学にご苦労様です。
今日、会社や学校をサボられた方、気持ちは良くわかります。
シードリーム・ヨットクラブというクルーズ会社がございます。
近頃、ポツポツとご予約をいただいております。
日本でもこういったラグジュアリーなヨット系が売れる時代となりました。
しかし、ちょっと値段が高いのであります。
先日もあるクルーズの超リピーター様から、
「おれはいろんな船に乗ってきた。シードリーム・ヨットクラブはまだ乗ったことが無い。噂は聞いている。ぜひ一度乗ってみたい。しかしちょっと高い。すこし負けてもらえないだろうか?」とのご相談。
気持ちはとてもよくわかります。
しかし、当社も正直な商売をしているため、当社の裁量で負けることはできないのです。
私自身、シードリーム・ヨットクラブと出会って大きな衝撃を受けました。こんな凄い船会社があるのか!!と。
ですから、私自身もすぐにでもまたシードリーム・ヨットクラブに乗りたい。しかし、高い。
そうなれば、1回クルーズをお休みにして2回分お金を貯めてでも、シードリーム・ヨットクラブに乗りたい。そこまで思わせるほど船客を魅了する船会社なのです。
すべてにおいて最高のサービスをお客様に提供する。ぜったいに質を下げない。その代わり、相応の御代をいただきたい。これがシードリーム・ヨットクラブという会社のポリシー。ある意味、高い次元で正直な真っ当な商売をしている会社だと思います。
世の中、デフレが続く中、こういうポリシーがあってもいいのではないでしょうか。

PHOTO
SeaDream I
Dream Bed (お客様がお望みとあらば、ここで一晩お休みいただけます)

IMG_2577


シードリーム・ヨットクラブ 日本語サイト
http://www.mercury-travel.com/seadream/

ヨットスタイル

11月に入りましたね。横浜も少し寒くなってきました。
10月6日、アテネでシードリーム気鮃澆蠅討らはや1ヶ月が過ぎましたが、いまだに頭の中はシードリーム・ヨットクラブの魔力にやられっぱなしです。
今やラグジュアリークラスの船はスタンダードキャビンが30峩瓩あり、当然バスタブ付、最近はけっこうクルーズ料金が下がってきて、3000ドル台も増えてきました。 それに引き換え、シードリーム・ヨットクラブはスタンダードキャビン18屮轡礇錙璽ンリー、クルーズ代金は1週間4500ドル以上。単純に考えて、部屋が狭く、船は新しくもなく、なのになぜ最新鋭ラグジュアリー船よるも料金は高いのか?
そこを解明した人は、日本では誰一人いませんでした。
私は解明しました。現に私は、「1回クルーズをお休みして2回分お金を貯めてでも、シードリームの洋上に戻りたい、できれば今すぐにでも。」と、いわば虜になっている状態。ここまであるクルーズ会社に熱狂的になることはちょっと珍しいぐらいです。
「わー、キャビンが広い!!」、その感動はおそらく乗船後1時間で終わってしまいます。
例えば1週間のクルーズなら、1週間毎日いろんな出来事が起こります。
それらに臨機応変に対処するのは、他ならぬ人間です。
シードリームのスタッフは、どんな出来事にも最高の対応を約束してくれます。
ちょっとしたわがままもOK、むしろお客様のわがままを待っています。
クルーズの満足度は、人のサービスで決まります。
いや、極限まで磨き上げられた人のサービスは偉大なる力を持っています。
シャンパン&キャビア食べ放題(キャビアスプラッシュというイベント)。
乗船日の夜、枕元にはお客様の名前が刺繍されたジャストサイズのパジャマがそっと置かれています。
サントリーニの美しい夜景を見ながらデッキでディナー。
キャプテンといっしょにサイクリング。
スケジュールにない島へ突然寄港。
シードリームのクルーズには、そんなサプライズが毎日散りばめられています。
表面上のスペックでは語りつくせない究極のサービス
シードリームの洋上で1週間過ごすと、あなたもその究極のサービスに骨抜きにされてしまいます。
「今、NO.1のクルーズ会社は?」と訊かれたら、シードリーム・ヨットクラブと答えざるを得ません。

PHOTO
なぜか、全船客にジャストサイズのネーム入りパジャマ
Get comfortable. Relax. Unwind.
.afb7f27f.jpg
Profile
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ