3/2メルボルンから3/20バリまで、アマデアに乗船してまいりました。
アマデア擁するフェニックスライゼン社は、クルーズ代金にチップが含まれる為、別途支払う必要はありません。
にもかかわらず、今回ご一緒した日本からのお客様の大半の方が別途チップを支払いたいと申し出られました。
それは、クルーのサービスへの満足度を反映しています。
今回、3度目のアマデア乗船でしたが、「ここまで素晴らしかったか?」と思うほど、クルーのサービスに魅了されました。キャプテンはじめアマデアのクルーは、我々日本人船客を歓待してくれ、クルーズディレクターは私を見つけると必ず、「日本のお客様は楽しんでる?、問題はないか?」などと気にかけてくれました。
そして大半を占めるドイツ人船客との相性がとてもよく、日がたつにつれ、日本人とドイツ人のコミュニケーションも増えてゆきました。
シードリーム・ヨットクラブやサガのクルーは、厳しいトレーニングを積んで生まれるちょっとスマートな素晴らしいサービス、アマデアのクルーは、何と言いましょうか、マニュアル的ではなく、温かい心から自然に生まれる振舞いという感じがしました。その根底には「この船に乗船された全船客に存分に楽しんでいただきたい。」とのサービス精神があふれているのです。
もうひとつ、今さらの発見は、食事がけっこういけること。私はアマデアをカンパニー・デュ・ポナンのように美食で強調したことはありませんが、ちょっと少な目のボリューム、比較的あっさりした味付け、日本人に食べやすい味付け、そんな気がしました。「なぜ、ボリュームが少なめなのですか?」とエグゼクティブシェフに尋ねたところ、
「洋上は3食に加え、アフタヌーンティーや夜食など、食べ物が溢れているじゃないですか。それにボリュームが少なめだと、前菜を2種類試したい、といったことが出来ます。迷ったら両方注文して下さい。」とのこと。
そして、エンターティメントも思わず毎晩シアターに通いたくなるほどのクオリティ。
オペラ、ブロードウェイスタイルなど毎晩行われますが、特に私はドイツ語が話せるアフリカの歌手「ジョーカーティス」の歌に魅了されました。声量豊かでリズム感が素晴らしく、彼のステージはいつも満員でとても盛り上がります。
本来、南西オーストラリアやコモド、バリなど、寄港地から語るべきでしょうが、今さらながらアマデア、フェニックスライゼンの実力に驚かされました。
思わずチップを払いたくなる。そんなクルーがいる船。古典的だけど普遍の要素ではないでしょうか。
やっぱり船旅の満足度は、”人”が作り上げるものだと再認識させられました。
今回、テレビの取材も同行しています。ちかいうちにテレビでご覧いただけると思います。
どうぞお楽しみに。

DSCN0738
IMG_4419
IMG_4378