商用で南の方に来ております。
先週末は、JTB西日本の主催で、神戸・京都・大阪にてスモールシップの説明会に出かけました。
各会場とも素晴らしいお客様との出会いがあり、プレゼンテーション後もいろいろと質問を受けるなど、
思いのほかスモールシップへの関心の高さに驚きました。
スモールシップは、まだまだマイノリティではありますが、このように関心を寄せてくださること、またこのような場を作ってくださった関係者の皆さんにあらためて御礼を申し上げます。
我々のプロダクトは自信をもっておすすめできる船旅ばかりです。
我々スモールシップアライアンスのメンバーは、何かの数字などに追いかけられたりすることはなく、
それぞれが心底惚れ込んだ船社の魅力を熱く語る訳です。
全員のプレゼンテーションを聴いていたのですが、
その熱い語りが、話を聴いているみなさんにも伝わってゆくのをひしひしと感じました。
「これは、スモールシップの時代が来るかもしれないぞ。」と予感を感じました。
今週は、横浜と東京にて郵船トラベル社の説明会に行ってきましたが、船販売の老舗エージェントには
これまた船旅のキャリアを積んでこられたお客様がいらっしゃいます。
シードリーム・ヨットクラブのプレゼンテーションの後、一人のお客様が熱心にお声をかけてくださいました。
「私はずっとシーボーンに乗ってきた。しかし最近は船が大きくなりすぎて。それで、いちばん好きだったころのシーボーンの匂いがしそうなシードリーム・ヨットクラブの話を聴きに来たんだ。」とのこと。
おそらくこの諸氏は1万トンクラス3隻を愛されていたのでしょう。あの船は私も強烈に憧れました。しかし残念ながら高嶺の花すぎて、シーボーン在籍中に乗船はかないませんでした。こういったハイレベルな方とお話が出来るのも大変うれしいことです。
 話は変わりまして、最近どこの旅行会社もカリブ海クルーズをやらなくなったように感じています。
カリブ海クルーズ、とても憧れました。クルーズのひとつの象徴的なデスティネーション。
私は、もう一度カリブ海を仕掛けてみたいと思っています。
BIG SHIPのカリブ海は、マイアミやフォートローダーデールから出港します。
SMALL SHIPは、サンファンやバルバドス、セントトーマスといった南カリブ海の島から出港します。
おそらくこういった南カリブ海クルーズの魅力をきちっと伝えた人は、あまりいなかったように思います。
ラグジュアリー船と言えども、カリブ海に来ると多少価格競争にさらされ、クルーズ料金が安くなります。
つまり、「いい船にリーズナブルに乗れる」とも言えるのです。
例えばシードリーム・ヨットクラブは年間の半分はカリブ海です。きっと大型船のカリブ海とはまったく違ったシーンがそこにはあると思っています。ポナンはフランス領マルティニークから出港、帆船スタークリッパーズはバルバドスから出港したり、なんとキューバ周遊クルーズなんかもあります。
日本からのフライト、JALをおすすめします。まず成田からニューヨークへ。19:40発JAL004便というのがあります。
素晴らしく快適でした。エコノミークラスがこの時期空いていて、真ん中4席を使って真横になってぐっすりと眠れました。NY到着前、Soup Stock Tokyo のクラムチャウダーが出たのですが、なんと美味しいこと!!
NYからセントトーマスは3時間半、マイアミやフォートローダーデールとほとんど変わりません。搭乗客はみなさんリゾートに行く人たちですから、機内は笑顔と楽しそうな会話にあふれています。
目的地に近づき、飛行機が降下、雲を抜けると信じられないほど美しいエメラルドグリーンの海が広がり、機内いっぱいに明るい日差しが差し込みました。このアプローチはかなりテンションが上がりますよ。
今日から1週間、新たな発見と出会いにワクワクしています。
シードリーム・ヨットクラブもポナンもそうですが、”ヨット系” はこんな所で真面目な会議をやったりします。最初「これ、どこが仕事やねん?」と思ったのですが、ようやく慣れてきました。
今回の模様は、またどこかでお伝えできればと思っています。
みなさんも、また、もう一度、カリブ海クルーズへお出かけ下さい。

IMG_6167
IMG_6175
IMG_6179