クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

モナコグランプリ

熱狂と興奮のモナコグランプリ

5月22日ニース〜5月30日ニース、シードリーム機
それは普通のクルーズではありませんでした。
F1モナコグランプリを観に行くという、大きなテーマを掲げたクルーズでした。
船客もいつもと違う、私のような船旅好きだけでなく、グランプリを観に行くための手段として
乗船している方もいるからです。
今回、米国、メキシコについで日本からのゲストが多く、それ以外にもヨーロッパ各国からのゲストが
乗船、当然ながら全室完売でした。
前半は、ラパッロ、ポルトベーネレ、リボルノと、イタリアの美しいリビエラ海岸の街を巡り、
コルシカ島を経て、後半はサントロペ、モナコ、ニースと南仏コートダジュールのリゾート地を巡る最高のコース。
特にカンヌ映画祭とモナコグランプリの時期ということで、とりわけスモール&ラグジュアリー船に
たくさん出会いました。
シードリーム気蓮△食事はフリーシーティングが売りですから、今回からディナーメニューの日本語版をご用意、そうすれば私と同じテーブルでなくても、みなさんがご自身の好きなメニューを選ぶことができます。
でもやっぱりおしゃべりは楽しい。旅の後半はほとんどみなさんと一緒にお食事をさせていただきました。
F1へ興味を持ったのは、中嶋悟が日本人として初のフルタイムのF1ドライバーになったことでした。
国内でぶっちぎりの速さ、でもF1はヨーロッパ文化なので日本人はなかなかなることができない。
そんな中、ホンダのバックアップもあって、年齢的にはやや遅咲きながら中嶋はロータスのドライバーに
なりました。
当時、世界中を転戦するF1すべてのテレビ中継があり、中嶋が世界中で奮闘する姿に熱狂しました。
ロータス、ティレルと、あまりいいクルマには恵まれず、苦悩の姿、だけど絶対にあきらめない姿に
とても感動しました。モナコでは中嶋はあまりいい成績を残せていないと思います。モナコは普通の市街地での
レース、間近に見ると、コース幅は非常に狭く、そこを凄いスピードで走るのですから、とても危険な
レースと言えます。しかも今回は決勝が雨、路面はすごく濡れていて、
そんな中セーフティーカー先導でスタート。雨が上がり、セーフティーカーが引っ込むと、ドライバーはガンガン攻めるのです。
F1は、最先端の技術がぶつかり合う場ですが、見ているととても人間臭い、そこが面白い。
ドライバーやチーム同士の駆け引きが続きます。同じチームメード同士もライバル。
フェルナンドアロンソというスペイン人のドライバー、かつてはフェラーリに在籍していましたが、
現在マクラーレン・ホンダに在籍。ホンダは一度F1から撤退、数年前から再度参戦していますが、
予選10位がやっとの状況、エンジン音もどうもばらつきがあり、メルセデスやルノーのような
トップチームのエンジンのような力強さがない。それでも雨のモナコは、パワー勝負というよりドライバーのテクニックが
モノをいう状況、アロンソは後ろから襲いかかる車を巧みにブロック、絶対に抜かせないのです。
久しぶりに、ナマでF1を観ましたが、やっぱり熱狂しました。
決勝は日曜日ですが、土曜日の予選も面白い。モナコは抜きどころが少ないため、予選の順位がとても大切、ドライバーは極限のチャレンジに挑みます。ガンガン攻めてゆきます。
思わず、「行くねぇ!!」と声を上げてしまうほどです。ちなみに今はターボエンジンなので以前のように高音ではないので、耳栓をするほどうるさくはないです。
街を歩いてると、P&Oやアザマラ、ウインドスターなど各船からのゲストに出会います。
モナコのパブリックピアに各船のテンダーボートが集まります。シードリームのポロシャツを着ている私にシルバーシーのテンダーボートのクルーが、「シードリーム? OK、OK。 はい、乗って乗って」と
声をかけてきます。(いや、乗りこんだら大変なことになりますから!!)
ひとつだけ異彩を放つテンダーボートがあります。それは元シーボーンの1万トン、現在のウインドスターのテンダーボート、オレンジではなく茶色い木目のようなのです。渋いです。
シードリームのテンダーは、一人でも出発してくれます。アルタニアという1000人乗りの船のテンダーボート乗り場は炎天下、長蛇の列でした。
たぶん、シードリームのようなスモールシップの地中海で見る景色は、大型船の地中海クルーズの
景色とは全然違うのだと思います。まず港に接岸することがほとんどありません。港がない場所こそ、感動する美しい景色が待っています。
ポルトベーネレというイタリアの小さな町でのこと、石畳の通りにあるとても小さな店の外に用意された
とても小さなテーブルで家内とランチを食べました。なんてことないひと時ですが、
それがすごく楽しい思い出になっています。
街歩きの途中、最近齢のせいか、よく休むようになりました。するとカフェでエスプレッソやカプチーノを楽しむ時間ができます。イタリアのカフェはいろんな人が出入りします。犬連れも入ってきます。
みんな笑顔なんです。そしてエスプレッソもなんか日本と味が違う、香りがいいんです。
たぶん私は、名所旧跡を必ず見なければならないとは考えていないのだと思います。
街の食堂でお昼と食べて、喫茶店でコーヒーを飲んで、それでも楽しいのです。
名所旧跡を見そびれたら、「また来ればいい。」と思ってるのです。 旅はゆったりがいいです。
今回、飛行機はエミレーツ航空。仕事の出張はビジネスに乗ることもありますが、普段はエコノミーです。
しかし、エコノミーはつらい。。。。本当につらい。。。。隣が誰も来なかったりするとホッとします。
しかもひとりはもっとツライ。隣に家内がいると、しょうもないギャグ連発して、全然ウケなくても平気。
とにかく話し相手がいるとずいぶん違います。 
飛行機の席、もうちょっとなんとかならないものでしょうか。
梅雨に入りましたが、横浜はあまり雨が降りません。あまり暑い日もありません。
日常の小さな楽しみはお昼ご飯、関内の駅に近いところに老舗の蕎麦屋「利休庵」があります。
ここのおろしそばが夏は美味い、2時までにお店に入ると、炊き込みご飯をサービスでつけてくれます。
シードリームでは朝からステーキなどクレイジーな食生活ですが、
やはり日本にはおいしいものがたくさんありますね。


IMG_4548IMG_4591

IMG_4544IMG_4635
IMG_4636IMG_4648
IMG_4665DSCN0607

DSCN0623IMG_4694

IMG_4710IMG_4717

IMG_4719IMG_4725

IMG_4730IMG_4732

IMG_4789IMG_4819

IMG_4821IMG_4878

IMG_4884
IMG_4902IMG_4903

IMG_4912IMG_4916

DSCN0024DSCN0025

IMG_4933IMG_4945

IMG_4974
IMG_4980IMG_5003
IMG_5005

DSCN0067IMG_5028

IMG_5041IMG_5047

IMG_5052IMG_5058

IMG_4533

PG,マルコポーロ、コスタ、クアンタム、アルタニア、モナコGP、ダメダメ野郎の話。

あいもかわらず、毎日船のことばかり考えている東山でございます。
■1月はタヒチ、ポールゴーギャンの視察乗船に行ってきました。
ラディソンセブンシーズ時代からの憧れの船、19000トンというヒューマンサイズ、
独特なフレンチポリネシアの雰囲気、いっぺんで好きになりました。
もうすぐポールゴーギャンの当社サイトがかなり楽しくなりますので、どうぞお楽しみに。
DSCN0036DSCN0103
DSCN0161DSCN0120
DSCN0087DSCN0194

■2月に入りまして、クルーズのメディア関係者へ向けて1枚のプレスリリースを発表しました。
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20160216_03
マルコポーロ
1965年建造の船
http://www.mercury-travel.com/marcopolo/
実はこの船を手がけるにあたり、ある4人の見識者にも相談したりしました。
50年前の船を追いかける。
これこそ私の仕事、私しかやらない仕事、勝手なる使命感でやってます。
ぜひ、往年のクラシック客船にご乗船ください。
何物にも代えがたい貴重な経験です。
image12
image4

■今、コスタビクトリアの日本発着が大変な人気です。
http://www.mercury-travel.com/cruise/japan/cojp01.html
大人2名と同室のお子様2名が無料ということで、ファミリー層の方の1室4名ご予約が多いです。
居住地も石川県の方などが多く、こういう動きを見ていると、クルーズマーケットが広がっているのでは?とのうれしい期待を持っております。
小さいころにお父さんお母さんといっしょに一つの部屋で2段ベッドで船旅したら、きっと素晴らしい
思い出が出来上がると思います。
ただし幼少期から船にハマってしまうと私みたいに船中毒になってしまうのでご注意を。
■アルタニアが日本にやって来ます。
3月15日 7:00−18:00 横浜
http://www.city.yokohama.lg.jp/kowan/cruise/schedule/2016.html#1
プリンセスダイアナがゴッドマザーとして就航したロイヤルプリンセス。
先日、タヒチで見かけました。(現在、140日間の超ロングワールドクルーズ中)
しびれるほどカッコイイ船です。
IMG_2983

■3月16日は、クァンタム・オブ・ザ・シーズが大黒ふ頭へ。
招待をいただきまして、見学に行ってきます。
今超革新的かつ話題の船、数時間の見学では攻略できないと思うのですが、
やっぱりあの”アーム”は見てみたいです。(乗るのはコワいですが。 ジェットコースターNGなので)
■4月5月はとても重要な仕事が続きます。
4月は、ポナン日本発着の季節。あっという間に1年が過ぎました。
昨年はほんとうにたくさんの方にご乗船いただきました。
今年は大阪−舞鶴を一往復、お客様とご一緒させていただきます。
それぞれに思い入れのある寄港地、いろいろめぐらす中で、なぜか、やっぱり、宇和島が忘れられない。
今年の船はル・ソレアルですが、宇和島の岸壁はル・ソレアルでもはみ出るぐらいの小さな港。
なんか印象深いんですよ。
4月22日大阪から乗船して16泊。スモールシップの日本発着クルーズを乗船される皆さんに存分にご堪能いただきたい、毎晩のフレンチディナーをじっくり味わって楽しんでいただきたい、めいっぱいがんばります。
5月は、F1モナコグランプリクルーズ。
2010年にポナンのル・ボレアルデビュークルーズがF1モナコグランプリクルーズでした。
あの華やかさ、ゴージャスさ、とにかく驚きました。007カジノロワイヤルの世界です。
6年ぶりのモナコグランプリ、船はシードリーム機お客様の観戦チケットも手配完了。
ニースから出港し、モンテカルロはもちろんのこと、チンクエテッレ、サントロペ、リボルノなど、
フランスのコートダジュールとイタリアのリビエラ海岸の極上のリゾート地を巡る9日間。
私の知る限り、これほどまでに贅沢なクルーズは記憶がありません。
ポナンやシードリームといったヨットスタイルは、いわゆるラグジュアリー船とは全く違う、
エレガントかつ堅苦しくない、新しいスタイルの船旅です。
http://www.mercury-travel.com/theme/monaco.html
LeBoreal 004LeBoreal 029

■ワタクシ、仕事のできる男の要素がみあたらないことに気付きました。
1.オフィスの机が散らかりまくっている。
2.朝が弱い。
3.あまり運動しない。
4.ぐだぐだ酒を飲む。
でも、船は得意です。
Profile
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ