クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

シードリーム・ヨットクラブ

熱狂と興奮のモナコグランプリ

5月22日ニース〜5月30日ニース、シードリーム機
それは普通のクルーズではありませんでした。
F1モナコグランプリを観に行くという、大きなテーマを掲げたクルーズでした。
船客もいつもと違う、私のような船旅好きだけでなく、グランプリを観に行くための手段として
乗船している方もいるからです。
今回、米国、メキシコについで日本からのゲストが多く、それ以外にもヨーロッパ各国からのゲストが
乗船、当然ながら全室完売でした。
前半は、ラパッロ、ポルトベーネレ、リボルノと、イタリアの美しいリビエラ海岸の街を巡り、
コルシカ島を経て、後半はサントロペ、モナコ、ニースと南仏コートダジュールのリゾート地を巡る最高のコース。
特にカンヌ映画祭とモナコグランプリの時期ということで、とりわけスモール&ラグジュアリー船に
たくさん出会いました。
シードリーム気蓮△食事はフリーシーティングが売りですから、今回からディナーメニューの日本語版をご用意、そうすれば私と同じテーブルでなくても、みなさんがご自身の好きなメニューを選ぶことができます。
でもやっぱりおしゃべりは楽しい。旅の後半はほとんどみなさんと一緒にお食事をさせていただきました。
F1へ興味を持ったのは、中嶋悟が日本人として初のフルタイムのF1ドライバーになったことでした。
国内でぶっちぎりの速さ、でもF1はヨーロッパ文化なので日本人はなかなかなることができない。
そんな中、ホンダのバックアップもあって、年齢的にはやや遅咲きながら中嶋はロータスのドライバーに
なりました。
当時、世界中を転戦するF1すべてのテレビ中継があり、中嶋が世界中で奮闘する姿に熱狂しました。
ロータス、ティレルと、あまりいいクルマには恵まれず、苦悩の姿、だけど絶対にあきらめない姿に
とても感動しました。モナコでは中嶋はあまりいい成績を残せていないと思います。モナコは普通の市街地での
レース、間近に見ると、コース幅は非常に狭く、そこを凄いスピードで走るのですから、とても危険な
レースと言えます。しかも今回は決勝が雨、路面はすごく濡れていて、
そんな中セーフティーカー先導でスタート。雨が上がり、セーフティーカーが引っ込むと、ドライバーはガンガン攻めるのです。
F1は、最先端の技術がぶつかり合う場ですが、見ているととても人間臭い、そこが面白い。
ドライバーやチーム同士の駆け引きが続きます。同じチームメード同士もライバル。
フェルナンドアロンソというスペイン人のドライバー、かつてはフェラーリに在籍していましたが、
現在マクラーレン・ホンダに在籍。ホンダは一度F1から撤退、数年前から再度参戦していますが、
予選10位がやっとの状況、エンジン音もどうもばらつきがあり、メルセデスやルノーのような
トップチームのエンジンのような力強さがない。それでも雨のモナコは、パワー勝負というよりドライバーのテクニックが
モノをいう状況、アロンソは後ろから襲いかかる車を巧みにブロック、絶対に抜かせないのです。
久しぶりに、ナマでF1を観ましたが、やっぱり熱狂しました。
決勝は日曜日ですが、土曜日の予選も面白い。モナコは抜きどころが少ないため、予選の順位がとても大切、ドライバーは極限のチャレンジに挑みます。ガンガン攻めてゆきます。
思わず、「行くねぇ!!」と声を上げてしまうほどです。ちなみに今はターボエンジンなので以前のように高音ではないので、耳栓をするほどうるさくはないです。
街を歩いてると、P&Oやアザマラ、ウインドスターなど各船からのゲストに出会います。
モナコのパブリックピアに各船のテンダーボートが集まります。シードリームのポロシャツを着ている私にシルバーシーのテンダーボートのクルーが、「シードリーム? OK、OK。 はい、乗って乗って」と
声をかけてきます。(いや、乗りこんだら大変なことになりますから!!)
ひとつだけ異彩を放つテンダーボートがあります。それは元シーボーンの1万トン、現在のウインドスターのテンダーボート、オレンジではなく茶色い木目のようなのです。渋いです。
シードリームのテンダーは、一人でも出発してくれます。アルタニアという1000人乗りの船のテンダーボート乗り場は炎天下、長蛇の列でした。
たぶん、シードリームのようなスモールシップの地中海で見る景色は、大型船の地中海クルーズの
景色とは全然違うのだと思います。まず港に接岸することがほとんどありません。港がない場所こそ、感動する美しい景色が待っています。
ポルトベーネレというイタリアの小さな町でのこと、石畳の通りにあるとても小さな店の外に用意された
とても小さなテーブルで家内とランチを食べました。なんてことないひと時ですが、
それがすごく楽しい思い出になっています。
街歩きの途中、最近齢のせいか、よく休むようになりました。するとカフェでエスプレッソやカプチーノを楽しむ時間ができます。イタリアのカフェはいろんな人が出入りします。犬連れも入ってきます。
みんな笑顔なんです。そしてエスプレッソもなんか日本と味が違う、香りがいいんです。
たぶん私は、名所旧跡を必ず見なければならないとは考えていないのだと思います。
街の食堂でお昼と食べて、喫茶店でコーヒーを飲んで、それでも楽しいのです。
名所旧跡を見そびれたら、「また来ればいい。」と思ってるのです。 旅はゆったりがいいです。
今回、飛行機はエミレーツ航空。仕事の出張はビジネスに乗ることもありますが、普段はエコノミーです。
しかし、エコノミーはつらい。。。。本当につらい。。。。隣が誰も来なかったりするとホッとします。
しかもひとりはもっとツライ。隣に家内がいると、しょうもないギャグ連発して、全然ウケなくても平気。
とにかく話し相手がいるとずいぶん違います。 
飛行機の席、もうちょっとなんとかならないものでしょうか。
梅雨に入りましたが、横浜はあまり雨が降りません。あまり暑い日もありません。
日常の小さな楽しみはお昼ご飯、関内の駅に近いところに老舗の蕎麦屋「利休庵」があります。
ここのおろしそばが夏は美味い、2時までにお店に入ると、炊き込みご飯をサービスでつけてくれます。
シードリームでは朝からステーキなどクレイジーな食生活ですが、
やはり日本にはおいしいものがたくさんありますね。


IMG_4548IMG_4591

IMG_4544IMG_4635
IMG_4636IMG_4648
IMG_4665DSCN0607

DSCN0623IMG_4694

IMG_4710IMG_4717

IMG_4719IMG_4725

IMG_4730IMG_4732

IMG_4789IMG_4819

IMG_4821IMG_4878

IMG_4884
IMG_4902IMG_4903

IMG_4912IMG_4916

DSCN0024DSCN0025

IMG_4933IMG_4945

IMG_4974
IMG_4980IMG_5003
IMG_5005

DSCN0067IMG_5028

IMG_5041IMG_5047

IMG_5052IMG_5058

IMG_4533

シードリーム・ヨットクラブが教えてくれたこと5

581eec36.jpg船を降りて、その後の商用のためミラノのホテルに投宿しました。
先週一週間、シードリーム・ヨットクラブの洋上で過ごしましたが、それは感動的な1週間でした。
なぜゆえにシードリームは常に最高の評価を得るのか?
設立からわずか10年の会社だが、今年もベルリッツクルーズガイド 小型船部門(船客150名以下)の1位、2位を独占している。
船はキュナードがかつて高級小型船ビジネスに乗り出したときに建造されたシーゴッデス1,2。その後シーボーンを経て現在に至っている。
スタンダードキャビンは、18平米でシャワーオンリー。今やシルバーシーなどラグジュアリー他社は悠に30平米を超えている。にもかかわらずシルバーシーよりも値段は高く、そして欧米にシードリームしか乗らないリピーターを多数抱える。
シードリームの極意はソフトにある。
まずブランド。バスローブ、スリッパ、ダイニングのナプキン、すべてに同社のロゴが入っている。これはブランディングを高めるためにとても大切なこと。細部にいたるまで既製品では駄目なんだ、という主張なのです。
そしてサービス、船客112名に対しクルー95名はほぼマンツーマンのサービス。食事は温かくベストな状態で運ばれ、よく気が利き、型にはまらないサービスを磨き上げている。お客が望むなら何でもやる、という姿勢だ。この船に乗るとついついわがままになってしまう。キャビンでは脱ぎ散らかしても全部たたんでくれる。テンダーボートは出発の時間じゃなくても無線で呼んできて動かしてくれる。
アクティブがひとつの売りになっている。ジェットスキーやカヤックも楽しめる。キャプテンと一緒に美しい海岸線をサイクリング、私の自転車の前輪がパンクしたのだが、なんとキャプテンが修理してくれるのだ。親密にならないわけがない。そのハプニングが次の日からの話題になるのだ。
スパでは、洋上NO.1と私が感じた本格的なタイマッサージが受けられる。
船客一人一人に名前が刺繍されたパジャマがプレゼントされる。
キャビアやシャンパンは惜しげもなく振舞われる。
サントリーニの夜景を見ながら外でいただくディナーは本当に感動した。
世界中からいい客筋が集まってくる。みな、どこかしらゆとりがあって気持ちが優しい。そしてシードリームの洋上がどこか心地よさそうだ。
 シードリーム・ヨットクラブの魅力を挙げたらキリがない。
洋上の1週間「これでもか、これでもか!!」といわんばかりに、スマートなサプライズを仕掛けてくる。(予定外のギリシャの島へ向かうなど)
シードリームの先は、もう自分で高級ヨットを所有するしか道は残されていない。
逆の言い方をすれば、プライベートヨットに最も近い船と言える。
毎年、春夏の地中海、秋冬のカリブ海を繰り返してきたシードリーム・ヨットクラブが、来年の冬はアジアへ配船する。日本の至近は香港までやってくる。これは小さな船会社としては大英断である。しかしシードリーム・ヨットクラブ社は彼らのリピーターに、この船でアジアへ行くというドリームをどうしても提供したいようだ。

●シードリーム・ヨットクラブ 2013−14 ASIA●
2013年
10/27 ムンバイ−シンガポール 13泊
11/25 シンガポール−プーケット 13泊
12/8  プーケット−シンガポール 13泊
12/21 シンガポール−プーケット 7泊
12/28 プーケット−シンガポール 7泊

2014年
1/4  シンガポール−シンガポール 7泊
1/11 シンガポール−デンパサール 7泊
1/18 デンパサール−ケアンズ 14泊
2/1  ケアンズ−デンパサール 14泊
2/15 デンパサール−シンガポール 8泊
2/23 シンガポール−バンコク 7泊 ★
3/2 バンコク−香港 13泊 ★
3/15 香港−シンガポール 13泊
3/28 シンガポール−シンガポール 7泊
4/4  シンガポール−シンガポール 7泊
4/11 シンガポール−ムンバイ 13泊

★印で、日本マーケット向けの対応(日本人コーディネーター)などを
今洋上で協議中です。


PHOTO
一流グランメゾンの風格漂うシードリーム気離瀬ぅ縫鵐哀汽蹈

ヨットスタイルの船旅にご一緒しましょう5

5ddc9fb0.jpgありがたいことに、今月も大変忙しく過ごし、気がついたら明日は出発の日でした。
自身の遅い夏休み、ごく少数のお客様とベニスへ向かいます。
ポナンのロストラルでベニスからアテネへ、
シードリーム気妊─璽桶ぜ遊。
ヨットスタイルを極める旅がスタートします。
船旅から横浜へ帰ってくるごとにブログやフェイスブックで友達が増えて、また船旅へ向かうとき、そのたくさんの友達とバーチャルに船旅へ出かけるような気分になります。
明日以降、クルーズ中はブログはなかなか落ち着いて書くことが出来ません。
その間は、フェイスブックでお楽しみいただければと思います。
http://www.facebook.com/higashiyama.masaaki
フランスの粋なヨット系船社、カンパニー・デュ・ポナンの2011年就航New Ship「ロストラル」は、今大変注目をいただいている船。ベニスからクロアチア、モンテネグロを周遊、ハイライトはコリント運河を通過、そのライブ感をお伝えできればと思います。
アメリカはマイアミに本社があるゴージャスなヨットカンパニー、シードリーム・ヨットクラブの「シードリーム機廚任蓮▲▲謄佑ら出港、大型船とは一線を画する優雅なエーゲ海クルーズへとご案内いたします。キャビア食べ放題&シャンパン飲み放題のイベントもお楽しみに。たぶんスタークリッパーズとかウィンドスターとかスモールシップの仲間の船に出会えるのでは、と思っています。
今、横浜のビルの29階で仕事をしていて、2日後に本当に自身がベニスにいるのだろうか? そんな不思議な感覚があります。

PHOTO
カンパニー・デュ・ポナンの船客は約70%がフランス人。
フォーマル不要の船なのに、こういう粋な女性が乗っている船。
このセンスの良さは、フランス人のもって生まれた才能?
フランス人は人生を楽しむことの達人です。

イタリア・サルジニア島から5

5362cbc3.jpg火曜日にモナコで休暇のクルーズが終わり、ヨーロッパ巡業が始まりました。
雑誌向け連載記事の取材、視察乗船、船社オフィスに出向いての会議がいくつか。
そう何度もヨーロッパには来れませんから、この機会にすべてこなしてしまおうという訳です。
今4300トン、112名乗りの小さな船でローマへ向かっています。
コルシカ島のカルヴィ、ボニファシオと周り、今日サルジニア島のゴルフォアランチ沖にアンカーを降ろしました。
世界中には、「金は払う、とにかく最高のサービスを。」という人たちがいて、その人たちの要望を満たす
船があります。それはクルーズビジネスの中ではとても難しいことなのですが。
そういった小型船の会社のオーナーは、ビジネスの前に自身がわくわくしたいと思っていて、夢を持っています。
彼らの所有する船は、そういった夢のひとつを形にしたものなのです。
さてその洋上ライフは、もう異次元の世界です。
これこそが頂点のサービスというものをまざまざと見せつけられます。
欧米の富裕層とは、かくも贅沢な毎日を過ごしているかと思うと、ただただ驚くばかりです。
しかもそういった人たちの中には30代という若い船客も含まれているのです。
彼らにとっては、特別な旅行というよりは日常の延長のようです。
どういうことかというと、普段もあまり仕事をしていなさそうなのです。
この船については、雑誌「パーフェクトボート」他で詳しく紹介したいと思います。
 今日、横浜の事務所に連絡して帰国便のスケジュールを12日から23日に変更してもらいました。
サガサファイアへの視察乗船が決まったからです。
ローマから商用でドイツのボンに立ち寄り、サガサファイアを追いかけるべくヴァルネミュンデに
行きます。ヴァルネミュンデがどこにあるのか、どうやって行ったらいいのか、ぜんぜんワカリマセン。
「とにかく17日、待ってるからな。」の例の男の一言で決まりました。
まぁ、何とかなるでしょう。
 そろそろ、かなり日本食が恋しくなってきました。
今は、豪勢な洋食より、焼き餃子ともずくと美味しいお寿司が食べたい。
ローマに行けばありつけるだろうか。
MiFiってご存知ですか?レンタルのWi−Fiでどこでもネットがつながります。1日1500円程度
なので、船のWi−Fiよりも全然安い、それで使い放題。
毎日メールをチェックする方にはとてもおすすめです。
そもそも洋上でメールなんで邪道、しかし必要に迫られる方へあえておすすめいたします。
 旅も長くなると、生活面でいろいろと困りごとが出てきます。
歯磨き粉がなくなってきた。洗濯物がたまってきた。爪がのびてきた。散髪に行きたい。
そういうことって、地球の歩き方には書いてないんですよね。
以前、歯磨き粉と思って買ったら入れ歯の接着剤で大失敗。口の中がヌガヌガになりましたから。
明日はローマ、また連絡します。
Profile
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ