クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

ポナン

10月の動静

10月はポナン乗船が2本あり、その影響はモロに自身に降りかかってくるわけで、10月動静が
11月の終わりとなってしまいました。
10/5 ロストラル 金沢〜大阪
秋の日本発着は台風直撃、波乱の幕開け。出港が夕方6時から朝9時に変わるという異常事態。
前日日本からのお客様に電話をかけ、「すみません、僕と今日の金沢行き新幹線に乗ってください。」と
頭を下げる始末。「そのハプニング、面白いじゃない!!」とポジティブなお客様。
予定通りロストラルは9時に出港し、とにかく飛ばして舞鶴の入り江で1泊。ただし船客の半分以上が乗り遅れ、翌朝舞鶴で乗船。その後は広島、徳島、東京、大阪で見学会を行い、取材の方も乗船、忙しくも充実の10日間でした。
印象的なのは夜の東京入港。夜景が素晴らしく、フランス人船客も「東京に来たぜ!!」というワクワク感に満ち溢れていました。
年々人気が高まりつつあるポナンの日本寄港、今や日本が人気のクルーズデスティネーションと世界で認知されつつあります。
それに呼応するように激化する日本各地での客船誘致。数年前までは予想もできなかった動きです。
10/14大阪で下船、実家で少し休息して、10/16関西空港に新しいお客様と集合、トルコ航空でアテネへ飛びました。
10/18 ル・リリアル、アテネ〜マルセイユ。これは素晴らしいコースでした。アテネを出港後、夜のコリントス運河を通過。これが凄い!! 昼間の10倍スリリング。これぞスモールシップならではのコースでした。
ポナンの1万トンクラスは、基本姉妹船ながらもインテリアはそれぞれ異なり、微妙に改良を重ねています。
メインダイニングの椅子が重いと感じていたのですが、ル・リリアルは少し軽くなってました。
ラウンジの椅子が少ないと思っていたら、座る場所が増えていました。
毎日天気も良く、デッキ7のアウトドアのバーも元気のOPEN。ランチビュッフェには生ガキやムール貝も出て、このあたりが日本発着とは全然違う。私としては日本発着をもっとフランス色の強いエレガントなクルーズに仕立て上げたいのです。
来年5/10の大阪〜室蘭は、高松や別府など、自主運航として初寄港地も加わり、面白いコースとなりました。今、日本中の港からのポナン誘致セールスが熱いのですが、我々日本人がもっとクルーズに行くようになる、そのことにおいてクルーズ関係者としての存在意義があると思ってますので、客船誘致は地元の観光名所の宣伝(つまりインバウンド)だけではなく、地元から乗船する船客を探し出す(=クルーズへの関心を高める)、アウトバウンド志向でお願いしたいと思っています。
中国人満載のクアンタムが境港に入ってイオンで爆買いして、それで客船誘致成功と言うなら、ちょっと違うと私は思います。
ル・リリアル、後半のエオリア諸島リーパリ〜サレルノ〜アマルフィ〜コルシカ〜マルセイユは海も穏やかで一言でいえば「美しい地中海クルーズ」。個人的には地中海はシードリーム・ヨットクラブで、ポナンは日本と南極などのエクスペディションでいいのかなぁ、と思ってたのですが、さすがホームグラウンドで展開するポナンの地中海は、これまた魅力的でした。正直フランス人、ちょっと変わってます。そこが魅了的です。
10/26 マルセイユ
ポナン本社にて運航部門とのミーティング。香川県港湾の方も同席。大変いい議論が出来ました。
続いてグループセールス部門ともミーティング、今後の日本での販売体制など、本音を語り、今後の強い協力体制をお互い確認しました。
マルセイユ、13年ぶり、MSCリリカという船でした。古い港町、2階建て観光バスに乗ってひと回りしてきました。夜の便でロンドンへ移動。
10/27 英・フォークストン
フォークストンはドーバー近郊の街、サガとのミーティング、実は自身初めてリバークルーズを手がけることになりました。私は外洋船が好きなのでリバーはあまり興味がなかったのですが、サガのプロダクトは素晴らしく、昨年ニュールンベルグからアムステルダムまでサガのライン川クルーズに試乗してきましたが、サガのオーシャンクルーズ同様年齢制限を設け、シングル船客も割増料金がなく、アットホームなおもてなし、けっこうおいしいお食事、ノーチップ、お食事時のワイン・ビールも込みで、コストパフォーマンスも高くいいプロダクトだなぁと感じ、日本マーケットでの販売を決断しました。リバークルーズといえば日本ではオーシャンドリーム社の堅田さんが私の先生ですが、堅田さんの手がけるリバークルーズ、ユニワールドやバイキングはリバークルーズの中でもトップブランドでいわばリバーのラグジュアリー船。サガのリバーはそこまで贅沢ではなく、価格も良心的。外洋船同様、リバーにも 松・竹・梅 があって、それぞれに存在意義と価値があることを丁寧にアピールしてゆきたいと考えています。 近日サガ・リバーのウェブサイトもOPENしますので、”外洋船大好き東山”が、リバークルーズを手がけるとどうなるのか、上手くやれるかちょっと不安ですがお楽しみに。
10/28 ロンドンの休日
地下鉄3ポンド、サンドウィッチとコーヒーで10ポンド、ホテルのアフタヌーンティー50ポンド。
それぞれ150円を掛けてみてください。めちゃくちゃ高いですよね。
それと同時に、日本は何でも安い、これってデフレなのか? と考えました。
大阪ではコーヒー380円、朝10時までは同じ料金でパンとたまごが付いてモーニングセットになります。
20年ぐらい値段が変わってません。
成田空港の駐車場、20年前からずっと1泊500円。
日本は住みよい国だと思いました。
○月○日 横浜の休日
最近の週末の過ごし方、西村京太郎サスペンス十津川シリーズを見るのが楽しい。
十津川は、高橋英樹と渡瀬恒彦がありますが、断然、渡瀬の方が迫力がある!!
亀さん(伊藤四郎)も、部下(小西と西本と女の人)に厳しいところなど、それも迫力がある。
いつか大西洋横断とか終日航海日が多い船に乗るとき、十津川のDVDたくさん持って行って楽しみたいと思っております。
P1010874
ロストラルのデッキランチ。フランス人船客と同じものを選ぶとおいしいものにありつけます。
P1030117
コルシカ島カルヴィのル・リリアル。10月は暑すぎず、過ごしやすく、地中海クルーズにおすすめです。
IMG_0920
ドイツ・ニュールンベルグ、仕事柄海沿いの街しか行ったことがなかったので、リバークルーズでヨーロッパ内陸の旅にハマりそうです。美しい。2017年サガ・リバークルーズ、ライン川(アムステルダム〜ニュールンベルグ)、ドナウ川(ブダペスト〜プラハ)からスタート予定です。こうご期待。


十津川警部シリーズ、一挙放送中。
http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/ichioshi/totsugawaikkyo2016/

10月のBS−TBSは、さながらマーキュリー祭り?5

7a6c700d.jpgおはようございます。
今日は、レジェンドオブザシーズが大桟橋に入ってます。
関西から乗船のI氏とお会いするため、午後ちょっと行ってきます。
結局、レジェンドには乗れなかったなぁ。
さて、先日のサガルビーのテレビ放映は大変大きな反響をいただき、ありがとうございました。サガを販売していただいてる旅行会社さんへは今だにテレビを見ての問合せが来るとのことです。45歳以上がインパクトがあったのでしょうか?
さて、10月はまったくの偶然なのですがサガとポナンが毎週テレビに登場いたします。
まずサガサファイア。10月3日から3週連続で登場。北ヨーロッパとサンクトペテルブルグを巡る16日間。サガルビーと全く違う船、しかしサガが目指すスタンダードは全く同じ。サガサファイアといえば元「オイローパ」。船内はほぼ全面改装されました。ぜひご覧下さい。
そしてポナンのル・ボレアルもテレビ初登場。10月24日から2週連続放映。
場所は、カナダ北東部イカルイトから米国ボストンへの12日間。ボレアルはバカンスのヨットだけでなく、エクスペディション船という側面も持っています。
ちなみに来年10月に日本にやってくる新造船「ル・ソレアル」は姉妹船であります。
日本の造船関係者の方も注目する美しい船型、ほんとにカッコイイ船ですから。
ということで、秋の夜は、BS−TBS「極上のクルーズ」でお楽しみ下さい。

BS-TBS極上のクルーズ
http://w3.bs-tbs.co.jp/cruise/
10/3,10,17 9:00PM〜 SAGA SAPPHIRE
10/24,31 9:00PM〜 LE BOREAL

PHOTO
LE BOREAL

8/21 9:005

5832f9fb.jpgル・ポナンは、スペインのイビーサ島に到着。最後に出会った船はシルバーウインド。
一昨年、お客様と一緒にエジプトのポートサイドからシャムエルシェイク、ヨルダンのアカバ、サファーガへのクルーズで乗船して以来です。船尾のビュッフェレストラン、テラス席がなつかしい。
昼前、お世話になったクルーに別れを言って下船、バーテンダーのギルバートさんが大きな荷物を引っ張って、タクシーまで送ってくれ、がっちり握手して港を後にしました。

8/16 14:005

d5a97c2d.jpg横浜にいるときは、平均睡眠6時間だが、昨晩からどれぐらい寝ただろうか。朝ルームサービスで目が覚め、それでもまた眠ってしまった。
キャビンの丸窓、鉄のふたを上げてみる、海面がきらきら光って、まぶしい光が差し込んでくる。
フランスの海、コートダジュールは海の青色がとても深い、そして美しい。
ル・ポナンのテンダーボートはゾディアック、ゴムのように膨らんだ船腹に座る。時折交錯するヨットの波紋で波がバシャッとかかり
服がぬれることもある。そんな小さなことを気にしていてはバカンスは楽しめない。
サントロペにもあきれるほどに大きなプライベートヨットが何隻も停泊している。なぜそこまで誇示したいのか、
人の欲望の果てしなさを感じる。
サントロペ、昨年ル・ボレアルで訪れた。たしか5月だったが、今年はバカンスシーズンの真っ只中、全然去年より人が多くにぎわっている。
有名ブランドのブティックはすでに秋冬のコレクションをディスプレイ、そうでないやや庶民的な店は最後の夏のセールといった感じ。
昼過ぎのゾディアックで船に戻り、デッキでランチ。冷えたロゼと日本人はやっぱりビール、どこかピクニックのような気分。
疾走するモーターヨットを上空から追尾するヘリコプター、フランスのご婦人が「あれは、きっとパパラッチが誰かを追ってるのよ」と。
続いて、再び船尾のマリーナからゾディアックに乗り、ル・ポナン自体の撮影会。これは帆船スタークリッパーでアンダマン海に行ったときにも
同じアトラクションがあった。あらためて外見を眺めてみるが、同じ帆を張る船でも、スタークリッパーは純然たる帆船で、ル・ポナンはヨットであると
違いを感じる。まさに私がポナンという会社を語るときに「欧米の富裕層が個人的に所有するヨットで旅するような船旅」である。
夕刻といってもまだ明るい午後6時、船尾のマリーナから海へ飛び込む。わぁ、おれ初めてフランスの海で泳いだ、となぜか感動。
おれは、フランスという響きに弱いんだなぁ。けっこうオレもミーハーだなぁ。

過去最小の船へ5

明日東京、来週は大阪にて旅行会社の方、メディアの方、港湾関係の方などにお越しいただくスモールシップアライアンスのセミナー、この1年の活動を基に中身のあるセミナーにしたいと思っています。
その後のヨーロッパへの出張、ついに私の経験上、過去最小の船に乗ることとなりました。
ル・ポナン、1443トン、定員64名。
乗ったお客さんが病みつきになってしまう船なんです。
超プライベート感覚、船にプールはなく、泳ぎたければ船尾のマリーナから海にザブーン。そしてこんなに小さいのに、夜はフルコースのフレンチディナーとワインの夕べという贅沢さ。無粋ではあるがインターネットもつながる。
しかし、1443トンとはあまりにも小さい。売ってる本人がこんな事を言ってはいけないかもしれないが、ちょっと心細い。その反面、こんな小さな船で、ニースからフランスの田舎町やマホン、マヨルカといったスペインの島を巡るコースは、全然大型船とは違う地中海の船旅が経験できるのでは?と期待も膨らんできました。雑誌への連載用の取材が目的なのですが、まずは自分がどう感じるかがポイントだと思っています。ましてや、この小ささにハマってしまうことはあるのだろうか?と。
帰路のフライトの関係で、泣く泣く途中で下船せざるを得ないのですが、その先、イビーサ島、バレンシア、バルセロナと続くコース、これを捨てるのはかなりもったいないなぁと未練タラタラ。
今や世界最大の船は6000人もの人が乗れます。それの100分の1。もはや同じジャンルとしてくくることは出来ません01-01-01-05-Patrick_Lamour-Ponant_without_sails-BD-Horizontal

ル・ディアマン ”ジャパンツアー2011”

762a2378.jpg毎年、春になると外国船が日本にやってきます。今年は一隻のフランス船に注目していただきたい!
「ル・ディアマン」、8000トン強のスモールシップ、実は日本にとてもゆかりのある船。かつて川崎汽船が客船ビジネスを行っていた時代がありました。もう20年以上前のことです。その当時、「ソングオブフラワー」という名前で親しまれ、日本からもたくさんのお客様が乗船されました。それが今のル・ディアマン、久々の凱旋寄港なのです。 このクルーズは上海-東京、東京-上海10泊クルーズで、大半の船客であるフランス人が上海や東京まで飛行機でやってくるフライ&クルーズ。クルーズ前後に東京観光を楽しまれることでしょう。そしてこのクルーズの大半の寄港地は”日本”。フランス人は”日本”が見たいのです。
現代のクルーズ船がひたすら大型化に進む中、スモールシップのパーソナルかつ上質な船旅を楽しまれている方が世界にはいます。そういったクルーズリピーターの方たちは、その”小ささ”の意味を知っています。
下記のとおり、みなさんの町にも行きますので、ぜひ港へ遊びにいらしてください。そして、その”小ささ””パーソナル感”を感じてみて下さい。 
2011/3/26 土 長崎
2011/3/27 日 鹿児島
2011/3/28 月 宇和島
2011/3/29 火 広島
2011/3/30 水-31木 大阪
2011/4/2 土 東京
2011/4/4 月-5火 大阪
2011/4/6 水 広島
2011/4/7 木 宇和島
2011/4/8 金 鹿児島
2011/4/9 土 長崎

ということで、ル・ディアマン ”ジャパンツアー” まもなくスタートです。
http://www.mercury-travel.com/cruise/japan/pojp01.html

PHOTO
ル・ディアマン (ニースにて)
Profile
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ